FC2ブログ
訪問ありがとうございます。画像はクリックするともう少し大きくなります。
アベンジャーズシリーズ完了(超長い)
2021年04月15日 (木) | 編集 |
「ワンダヴィジョン」から始まったアベンジャーズシリーズへの旅。
まずはこちら「アベンジャーズシリーズ」から始め、(2021年2月~)
アベンジャーズ面白い、特にアイアンマン!となり、
続いてがこちら「アイアンマンとソー」(3月)
ここで、ディズニープラスでワンダヴィジョンシリーズが終わって
続いて「ファルコンアンドウィンターソルジャー」が始まったので
これはキャプテンアメリカを見なければ!となり
CA:ファーストアベンジャー」(2011年作品)と
CA:ウインターソルジャー」(2014年)を。
うん、思ってたほどヒーローヒーローしてるヤツじゃなかった、スティーブ。
しかもこれを見てないと新ドラマシリーズ分からないとこだったわ。

毎回、映画の後に次作のスニークがあるのも楽しみ。
ネタバレ嫌いなのに最後までシリーズを見てから戻っているので
逆に「あ~この人はここで出てきてたんだ!」という発見の連続。
ここまでで2か月。
しかし。
クッキー詰め合わせ缶を好きな順に食べてたら
あんまり好きじゃないのが残ってしまった状態に(^^;
残り8作。
なのでここ(4月)からは残ったものを古い順に見ることに。

思いのほか長くなったので、たたみます。


[READ MORE...]
JCSS2012年版
2021年04月05日 (月) | 編集 |
Oz34Dorosy

昨年見逃した「ジーザス・クライスト・スーパースター」
A・L・ウエバー様サイトの48時間無料公開、今年は見られた。
2012年版で、SNS使ってるシーンとかすごい進化してた。
マリア役が上着脱いだらマッチョな腕に「女力」って漢字でタトゥー入ってて草。
カヤパ役イケメンイケボ。
ユダはちょっと好みじゃなかったけど
最後に作者まで登場で盛り上がった。
ベッセマネシーンはやはり辛いし
「オペラ座」と同じく、大好きだけど見た後の気持ちが辛い。
精神が削られる。
でも高校生の頃からずっと聞いてきた曲だから
思い入れは深い。
舞台はまだまだ大変だけど頑張って欲しいです。
日本からは募金が出来ないのでごめんなさい。

04-04 00:04


ラーヤと龍の王国
2021年03月19日 (金) | 編集 |
ディズニー長編アニメ59作目、アナ雪2以来の劇場公開作品です。
ラーヤは15人目のディズニープリンセス。
でも今回ヴィランとなるのもプリンセスなんだよね。
まぁ公式サイトではラーヤも認められていませんが。
綺麗なドレスを着てないからかな。
そろそろディズニー=可愛いお姫様ってのやめてほしい。
まぁ需要があるから仕方ないけど。
今回も女性が強いです。
逆にディズニープリンスっての出てこないかな(笑)
何も出来ない王子じゃないプリンス。
希望。。。ww

さて、コロナのせいで公開延期となり
ディズニープラスと劇場のどちらかで見られるようになりました。
でも同日配信のため上映しない劇場も多く
イオンシネマでは吹き替え版のみだったので
関西では唯一字幕版を上映している心斎橋の劇場へ
足を運びました。
そこはアジア映画を多く上映している小さな映画館でした。
確かに今回の舞台はアジアですからね。
ディズニープラスで見ると3000円ですが
劇場だと私は1200円。そりゃ劇場でしょ(^^;
何回も見たいとか数人で見るならネットもいいけどね。
さらに劇場のお楽しみは同時上映作品。
今回は老夫婦のラブストーリーでした(^^;
(子供を連れてきた大人向けなのかな?w)

さて、ストーリーは
5つに分断した部族と割れた玉を一つにするために
主人公が旅をするという、王道のRPG仕様。
今回の主人公のお供はダンゴ虫かアルマジロみたいな動物。
最初は可愛かったんだけど、すぐ大きくなってあんま可愛くなかった(^^;
このお話、ゲームにするか漫画にしてもっともっと掘り下げたら絶対面白い。
5つの国それぞれのキャラクターがとてもいい。面白い。
でも2時間にまとめたので少し物足りない感じがします。
ただ、この「争いをやめてみんなが信じあえばうまくいく」って考えは
私はもう大人だから無理だって分かっていても、大好きで
子供らにはみんなに見てほしいと思う。
みんな、信じあおうよ。助け合おうよ。
あと、主人公より私が好きになったのは龍のシスー。
日本人が考える龍よりちょっと馬か犬っぽいけど
性格がすごく好き。とてもいいです。

はい、
さて今回の日本語版への突っ込みですがw
原題は「ラーヤと最後の龍」
だってラーヤが最後の龍と旅するから。
まぁ分断した龍の王国を一つにしようとするので
今回はそんなに離れてはいないけど。

次に、5つの王国の名前が
ハート、ファング、テイル、タロン、スパイン。
分かりますか?
これをカタカナのままにするのが片手落ちなんですよね。
確かに心王国とか変だけど、ファングって何か分からないじゃないですか。
ちなみに、心、牙、尾、爪、背骨、の意味です。
これを分かるように上手く訳せていたら面白いのにね。

まとめ。
シスー好き、素敵。みんな信じあおう!(小並感)

いやぁディズニーの世界は本当に心がほっとします。
子供達には、仇を取るために鬼の首を取るより
こちらを見てほしいと心から思うのですよ。



シン・エヴァンゲリオン劇場版
2021年03月15日 (月) | 編集 |
最初のTV放映から25年。
映画の完成が告知されてからもコロナのせいで
延期に延期となって、
ようやく!
エヴァンゲリオンが「完」を迎えました。
良かった良かった。
とても難解なストーリーで、それを考察するのが楽しい側面もあるので
映画を1回見ただけでは全く分からないけれど
終わったのは確か。
しかもかなり満足できるかたちで。
それは本当に良かった。

ネタバレしない程度の感想を書くけど
絶対知りたくない人はこの先は映画を見たあとにね。

待ちに待った最終回とあって
とにかく出演者?が豪華。これまでの人たちがみんな出てます。
もちろん色々と変わってはいますが。
TVシリーズやこれまでの映画で見たシーンやそのオマージュと
考えられるカットも多かったと思う。
個人的に一番良かったのが
「そっくりさん」のストーリ
そして一番驚いて映画館で「あっ」と声が出たのも
その終わり。
「そっくりさん」が誰かはぜひ映画館で。(^^;

後半はもう怒涛のようで何が何だか手に汗握りながら見守り
そして最後の最後にはあまり共感は出来なかったけど
それもありなんだろうなと納得はしました。
それにしても驚きの最後の声優!!

というわけで、後は何回も見ることが出来るDVDだか動画サイト(合法の)
に出てくるのを待って、
わたしのエヴァはいったんの終わりを迎えます。
シンちゃん幸せになって良かった。
おめでとう。

星の王子NYへ行く2
2021年03月08日 (月) | 編集 |
アマプラ限定でなんと30年前の「星の王子NYへ行く」の続編見た!
これ大好きでNY行った時クイーンズに泊まった位。
今回もギャグ満載で何回も笑えた。
衣装が素敵。音楽やダンスも。
王様役(ダースベーダーの声優)90歳!
アメリカ人ならもっと笑えるんだろうな、知らない人やネタが残念。
最後にジョン・レジェンドも歌った!😍
因みに原題は Coming to America
続編はtoを2としててウイットに富んでる、邦題はやはりダサい。
最初の映画のクイーンズと、私が行った頃&続編では変わってて、
全然危なくないいい街だった。
30年前はそんなにラップもなかったし、時代の流れが分かって、
それでも前と変わらない役を出来る俳優たちもすごいね。



ワンス・アポン・ア・タイム シーズン7
2021年02月28日 (日) | 編集 |
ついに大好きなワンス・アポン・ア・タイム
(アメリカのテレビドラマ、ディズニー)
全シーズンを見終わりました!
日本で見始めたのが2014?15?年くらい。
シーズン4まで見ててそれ以降の放送がなかったんだけど
2018年にアメリカに留学したとき、偶然テレビでシーズン7
(ファイナル)をやっているのを見つけて
最後の数話をリアタイで見られました。

その時のツイート
どろしーのアメリカ体験記 5/13

でもシーズン5.6と7の前半抜けてたから全然分からず。
でもでも全156話の最終回をアメリカでリアルに見られるなんて
僥倖でしかなかったです(T_T)
それが2018年5月18日。
その後Netflix(アメリカの。日本とは中身が違う)で
シーズン6やってるのを見つけて見て
e20のミュージカル回に超感動してDVDを買って帰国。
それから日本でシーズン5を見たのはいつだっけ?
Netflixだったっけ?
ちょっともう分からなくなってます(^^;
そしてついに2021年2月19日
アメリカから遅れること2年半、ようやく日本でもディズニープラスで配信!
見ていなかったシーズン7の前半と、見たけど分からなかった後半を
無事に見られました。
あ~生きてて良かった!!
前半見てなかったらそりゃ後半分からないわ、って話でした(笑)
ただでさえ、現代とおとぎの国のシーンが何回も入れ替わるし
名前が2つ以上あるので。

さて、ここからネタバレあります。
見てないけどネタバレ気にしない人、絶対見ないだろう人w、
もう見た人だけどうぞ。

まずは一番謎だったフック。
なんで子供がいるの?エマは?は
なんと別の世界のフックでした。
シーズン6でレジーナの願いで出来た国のフック。
ニューフック、略してニューク(笑)
子供の名前はアリス。
母親はラプンツェル・・・
に化けたゴーテル。
ラプンツェルはシンデレラの継母。
もう訳わからん(;'∀')
最後はルンペル、レジーナ、フック、ヘンリーが
2種類入り混じって混乱の極みでした。

ルンペルとレジーナは最後まで彼ららしかった。
この二人のために全てのお話はあったのかもしれない、
と思う。素晴らしかった。
この二人は特に幸せになってなって欲しかったので
満足の終わりでした。
まぁ最終回はちょっと無茶苦茶なとこはあるけど(^^;

そして呪いを解く「真実の愛のキス」があれだったのは良かった。
ヴィランは前半はシンデレラの継母、後半はファシリエ。
悪役らしい役割をよくこなしてました。

で、ここからちょっと個人的な好みの話なんだけど
アフリカ系のシンデレラとおっさんのヘンリーは受け入れがたかったです。。
最近ディズニーはダイバーシティかなんかでそういうキャスティングを
することが多くて、アリスがビアンなのはいいけどシンデレラの肌が・・・は
ちょっとなぁ。ティアナはそもそもブラックピープル設定だから全然いいんだけど。
白雪にもずっとアンチです、わたし。ファンの方すみません。
でも白雪がズートピアのジュディの声だったとはビックリ。

さて、一応すべては見終わったのですが
シーズン6は日本語字幕なしで見たので確認したいのと
シーズン7をもう一度見たい。
とにかく1回やそこらじゃ設定さえ理解し難い。
アメリカの 「OUAT wiki 」ってのはファンの人が作っていて
だいぶ参考に見ているけど、3000ページ以上あるんですよ。

まだまだOUATへの旅は終わらないですね。

あ・・・でもアベンジャーズシリーズの旅も途中だった(^^;
3月は楽しみに待っていた映画も公開されるし、
忙しい忙しい(笑)


アイアンマン1~3 と ソー
2021年02月20日 (土) | 編集 |
予告通り、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の
ビンジウォッチ(一気見)続けてます。まずは
アイアンマン。
アベンジャーズメンバーの中で一番好きなのがトニー。
MIT首席で卒業して大金持ちでちょっと軟派だけど
正義の心を持って、自分で開発したバトルスーツで戦ってる。
選ばれたとか、特殊能力があるとか、どっかから来たじゃなく
普通の(まぁセレブだけど)人間が、自分で作った武器で戦ってるなんて
アベンジャーズ見るまで知らなかったよ。
(私のアメコミイメージはスーパーマンだったから)
1(2008)は全ての始まり。
全ての終わりを知ってから見るのもまた感慨深い。
ホントはネタバレ嫌いなのでこんな見方は嫌だけど仕方ないよね。
あ、ここでこうだったからこうなったのか、とか
あの人はここで出てたのか!って見方を楽しんでます。
2(2010)ではナターシャが出てきたけど、
これは正体を知らずに見られたら良かったなぁ。
ウォーマシンもここで出てきました。
やはり2はストーリーとして一番安定しているね。
トニーの人間性も魅力的です。
ランディーズ・ドーナツ出てきた!今度LA行ったら絶対行くぞ!
そして3(2013)。
これはアベンジャーズ以降、そしてディズニーの下での作品です。
(2010年にディズニーがマーベルを買収)
トニーがアベンジャーズでの戦いや、ヒーローになったことでのトラウマに苦しみ、
成長していくストーリー。
あ、因みにアイアンマンで戦う敵は普通の人間(テロリストとか)です。
まぁ派手な武器での銃撃はあるけども。
で、ここまでずっとトニーの家があったのがマリブ!!
私がいたサンタモニカから海沿いの道を通って一回行ったことがあったけど
その道を何度も通るし、アイアンマン初飛行(1)ではサンタモニカピアの上も通るし
家はマリブの海を見下ろす超超素敵な家なんだけど
3で完全に破壊されちゃいます。泣いたわ~
スターク社もLAからNYに引っ越しちゃうし(´;ω;`)

って感じでアベンジャーズシリーズに続きとりあえずアイアンマンは完了。
でもまだいっぱい残ってるんですよね。

次に2011「マイティ・ソー」見ました。
う~ん、やはりアイアンマンに比べるとねぇ・・・
「ワンダヴィジョン」に出てくる研究者をここで発見したので
それは収穫。

さて、次は何にしようか、年代順か、キャラ順か・・・
いっそロバート・ダウニーJrを追いかけて「ホームズ」見るか(^^;
ってところで
一番好きなアメリカンドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」の
シーズン6と7がディズニープラスについにやってきたので
しばらくMCUから離れま~す。
2年半ぶりのシーズン7,楽しみです。