訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
「あにまるパラダイス展」について
2006年08月25日 (金) | 編集 |
何人かの方に、いつ在廊してるの?と聞かれましたが
ギャラリーの方にお任せしていて、当番や受付はありません。
日・月は休みですが、期間は長いので、ご都合のいい日に
お出かけ下さい。
私は、明日、アコさんと行く他、31日に絵の仲間と行きます。
あとは1日か8日にストレッチの仲間を誘う予定です。
もし「一人では・・」とか「場所がよく・・」と思われていたら
お知らせくだされば、出来るだけご一緒します。
私以外の作品もとてもキュートなので、動物好きの方は是非
遊びに行って下さいね。もちろん、入場無料でひやかしOKです。
anipara


ミナミへ
2006年08月21日 (月) | 編集 |
大阪には、キタとミナミの繁華街があるのですが、
私は北摂在住なんで、ミナミには滅多に行きません。
先週末、ミナミに詳しいボーカルの相棒に連れられて、ものすご~く
久しぶりにミナミに遊びに行きました~♪
minami5  minami3  minami4 
↑街灯でさえ面白いです。 ↑南船場オーガニックビル(ビル壁面に植木がいっぱい!)
歩いてると「大阪ジャニーズ」という窓もドアもない不思議な店が・・
え?関ジャニ?何?と近くに寄ると、こっそりと入り口があり
ジャニーズの生写真を売ってました~(>_<)
思わず・・買いませんでしたが(笑)、そこでジャニーズ話に花も咲き・・
それから心斎橋ど真ん中のカラオケに。ビルの8階、明る~い!
今度のバンドで何を演ろうか~なんて相談しながら
最後はやっぱり2人の好きなラルクの歌で締めくくり♪
ビールジョッキで飲んで、2時間気持ち良く歌って1000円。
恐るべし、平日の昼間?(笑)

暑い中ブラブラしながら、たまたま入ったギャラリーになんとカワグチ氏の写真が。
後で聞くと、現在唯一、氏のポストカードを常時展示している店らしく
思わぬ奇遇にびっくりでした。

 さて、夕食は、「尹伊(いいん)」というお店で。
minami2
 ちょっと分かりにくいけど、白いとうもろこし。しかも生。
 それがめちゃめちゃ甘い。
 Tちゃんは「さとうきびみたい」と言ってました。
 付き出しの枝豆も、茶豆です。コクが違います。
 右上は宮城の地酒。美味しかった♪

minami1
 お刺身ですが、 超絶美味でした。
 いったい、何が違うんだろう~
 手前のすだちみたいなんは、実は蜜柑。
 何かがちょっと普通とは違う。

あと、泉州の水なすを生で、荒塩かゴマドレッシングで。
なすを生で食べるなんて、ビックリ。全然アクはなく、不思議な食感。

やっぱ主婦はねえ、人に作って貰うだけでも嬉しいけど
自分では作らないような珍しいものを食べると、すごく得した気分に
なりますよね。

久々のちょっとリッチなお出かけに
心も身体も財布も(笑)軽くなった週末でした~

「ゲド戦記」感想
2006年08月16日 (水) | 編集 |
お盆休みに見て来ました。
「もののけ姫」を見た時は大混雑で立ち見だったことを思うと、
事前に席を取れるシステムは素晴らしい。真ん中でゆっくり鑑賞出来ました。
公式HPはコチラ(テルーの歌が流れます)
事前に聞いた感想には厳しいものが多かったのですが、私は大のジブリファンです。
第1作の「ナウシカ」は原作連載時から読んでたし、大抵はあまり映画を繰り返して見ない私がジブリ作品だけは全て3回以上は見て、初期のものは台詞を覚えている程です。
ジブリ作品関連本屋もやってます。→「ジブリの森
自分の目で耳で体験しないと感想は書けないので、気合を入れて行きました。
結論から言うと・・
何と!ジブリ作品でこの私がウトウトするとは!!orz
暗いんです。主人公のアレンが、暗い上にキレルんです。

ただ、「ナウシカ」や「もののけ姫」が好きなら、見に行って欲しい。
「トトロ」のことは忘れて下さい。小さい子向けではないです。

ネタばれもありなので、これ以上のマニアックで長い独善的な感想は・・

[READ MORE...]
夏休み子供向けDVD
2006年08月12日 (土) | 編集 |
「世にも不幸せな物語」
世にも不幸せな物語
両親が火事で亡くなって、莫大な遺産を継いだ3人姉弟妹。
遺産を狙う親戚の伯爵の陰謀に、発明の才能や本の知識を用いて
立ち向かっていく・・というちょっとベタなストーリー。
意地悪な伯爵に「マスク」のジム・キャリー、心配性のおばに
メリル・ストリープ。
主人公の女の子が可愛い。
洋服もすごく可愛い(時代はちょっと前みたい)
でもまあホームアローンほどの派手さはなくちょっと前の
実写ディズニー映画みたいな感じです。

「妖怪大戦争」
妖怪大戦争
借りようと思ってたらTVでやったので見ました。
主役は可愛くて人気の神木クン。
(ハウルでマイケル(子役)の声演った)
昔ながらの妖怪のバカバカしいほどの数々があまりCGっぽくなく
昔の東映や「赤影」っぽい雰囲気もありました。
監督は極道ものやホラーの三池崇史ですが、ブレーン(?)に
水木しげるは勿論、荒俣宏や宮部みゆきの名前も見つけました!
そういうの好きな人たちが楽しく作った感がして、
それは伝わりましたよ。
神木クンが戦闘服(?)に着替えるシーン、セミヌードの生着替えより
変身シーンにして欲しかったな~。(^^ゞ
そんなオチかい!って思わず突っ込むようなエンディングは良かった。
最初、ちょっと怖めのシーンもありますが、思ったより楽しくて
良かったですよ。
(実は私は怖いのが苦手で、子供向けのお化け屋敷にも入れないので)

まあまあ・・
2006年08月10日 (木) | 編集 |
今週は、「見逃した映画を一気にDVDで見る」週間でした。
三丁目の夕日昨夜は「三丁目の夕日」
昭和33年、東京タワー建設中の東京が舞台。
漫画連載は時々見てましたが、色んなエピソードを
纏めた感じ。堤真一が上手い!
後は、まあホロッとしたり小物が懐かしかったり・・
でも私も生まれる前なので、あんまり感情移入は
しなかったかなあ。ちょっと泣くシーンはあったけど。
貧乏で元気な時代の、まあありがちなお話でした。
監督は「ジュブナイル」「リターナー」の山崎監督。
どちらも微妙な映画でしたが・・・
最初に汽車に学生が一杯乗ってるシーンで
「修学旅行?」と言った私です。(集団就職でした)(^^ゞ

あらしのよるにDVD
 今日は「あらしのよるに」
 昨年、記事でも取り上げましたが
 やっと見られました。
 しかし、原作に忠実で、子供向けだったので
 新しい発見はなく・・予告編の方が良かったよ・・orz
 中村獅童は上手かった!狼は良かった。
 やっぱ山羊がね・・

お盆に息子と評判の悪いあの映画を見に行きます。
聞く人聞く人、けなすのですが、やはり自分の目で確かめないと。

これからちょっと忙しくなるので、
「有頂天ホテル」と「銀色の髪のアギト」は積み残し。
残念・・


週末DVD
2006年08月07日 (月) | 編集 |
先週末、クーラー嫌いなんて言いながら、この暑さと家族の不満に負けて
夜はクーラ~な我が家です。(だって暑すぎるよぅ)(^^ゞ
で、DVDを2本見ました。
この胸いっぱいの愛を
「この胸いっぱいの愛を」「黄泉がえり」の監督による、感動作。
20年前にタイムスリップする話と聞いていたのですが
最後に「黄泉がえり」的どんでん返しあり。
エンディングはやはり・・??だけど、
結構泣けました。伊藤英明、ミムラ主演。
バイオリン演奏もクラシックのサントラも効いてます。
ただこの題名は、私的にNGです。

しかし・・
もう1本の方が絶品でした。素晴らしかった。
メゾンドヒミコ
「メゾンドヒミコ」
オダギリ君の出るのは大抵見るようにしてるけど、
ここんとこで一番よかった。柴咲コウも好きだし。
でも、これは見る人を選びます。
何しろゲイの為の老人ホームが舞台ですから。
ストーリーとキャストは公式HPを見てもらうとして
監督は「ジョゼと虎と魚たち」(見て良かった作品)の人、
音楽は細野晴臣、
最近は時代劇で有名になりましたが舞踏家の人が父親役で雰囲気バッチリ、
他にもいぶし銀のような実力派俳優がそろい踏み。
(本物のゲイは一人だけ、一応)
舞台となるメゾンドヒミコは海のそばのホテルを買い取った設定で
各部屋のベッドも素敵!(*^_^*)
皆でクラブに行くシーンでは、昔の歌謡曲をリミックスしたディスコで
なんと「また会う日まで」を全員で振りをつけて踊る!!
ドレスアップしたおやじたちもカッコいい。
部屋にあるエゴンシーレの絵も雰囲気出してました。
なんともハマったキャスト&スタッフ&設定でしたが
やはり特筆すべきは、この映画のテーマでしょう。

初めて愛した人間(フレディ)がゲイであったことより先に
そういうことには非常に興味があったのですが(^^ゞ
それに対する偏見にも胸を痛めていました。
どうして、自分と違うもの、理解できないものを、排除しようとするのでしょう。
認めることは出来ないものでしょうか。
「ジョゼと虎と・・」も身体障害者が主人公でしたが
やはり偏見に泣きました。
今回も地元の中学生が嫌がらせをしたりします。
人と人の間の「壁」、それがある限り、国と国の壁なんか
なくなるわけありません。
違う人種・文化・宗教・嗜好、理解出来なくても認めること
せめて憎まなくてもいいと思うのですけど・・
どうしてかなあ・・

この映画ではゲイへの偏見に加えて、老後の心配も描いているんです。
大抵は家族と縁が切られているので、誰が面倒を見るのか・・
暗いテーマではありますが、俳優陣が本当に上手いし
映像もお洒落で、いわゆる「偏見・差別」モノではないです。
まあ、生理的にどうしても駄目という人は仕方ないですが
「みんな違ってみんないい」(金子みすず)で
暖かく見られる世界だといいなあ・・

ただキスシーン(男女)は大目なので、ちょっと大人な映画です。
ゲイなシーンはありません。
容疑者
2006年08月01日 (火) | 編集 |
8月です!
遅れていた近畿の梅雨明け宣言も出ましたので
ヘッド画像を変えました。
直島に行った時の・・
あ~海、行きたいなあ。海水浴でも魚釣でもない海に・・

「容疑者・室井慎次」見ました。
昨秋の「踊る大捜査線」のスピンオフ企画映画のDVDです。
先行する「交渉人・真下正義」は何となく見ていないのですが・・
柳葉敏郎が好きなんで。それだけ(笑)
Vシネマのや~さん役が好き。最近は愉快な役も多いけど
そういう2面性がいいね。
で、内容は警察組織の問題を中心にしてるんで・・
分かりにくい。CGとか結構ちゃっちい。
映画だったら怒るわ。TVドラマならいいけど暗いかなあ。
踊るファン、ギバちゃんファンの為の映画な感じでした。

  室井