訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
学生時代にやらなくてもいい20のこと
2013年02月28日 (木) | 編集 |
「空飛ぶ広報室」に続き、同じ直木賞候補になって
これを抑えて受賞した浅井くんの本を読んでみようと図書館で検索して
最初に届いたのがこのエッセイ。

「学生時代にやらなくてもいい20のこと」
  浅井リョウ


まぁ映画化された「桐島、部活やめるってよ」は
話題になった頃に読んで「可もなく不可もなく」な感想だったので
あまり期待せずに読み始めたら・・・

めちゃめちゃ面白かった!!

なんだ、これ!!

題名から分かる通り、大学時代にバカやったこととかのエッセイなんだけど
「別冊」であってもあの「文藝春秋」に、こ~んな楽しいエッセイを連載してたの!?
文章は上手いけど、適度にネット語?みたいな言い回しとか
(「・・・お。」とか「自演乙」とか。多すぎると掲示板になるけど
 この配分が私にはちょうどいい)
うまい具合の固有名詞のぼかしかたとか。
東野圭吾の「あの頃僕らはアホでした」と内容的には同じ感じだけど
(まぁ時代が変わっても青春時代にやることはそんな変わらない(笑))
文体が、時代を現してます。

とにかく、面白い。
何度吹き出したことか。
その直前に読んでた「銀魂」の新刊より笑える!!
あえて言うと
少しずつ読まないと、一気に読んだら毒されてしまう感じです(^^ゞ

やっぱ、この名前の人は好きだ(笑)
(苗字はペンネームだけど、名前は本名)

特に面白かったのは
「他学部の授業で絶望する」(まさかのオチ!)
「北海道への旅(未遂)」(未遂がミソ。うちの息子もやりそうww)
「スマートフォン」など・・・

まぁ大学生のネタが好き、という個人的趣向を割り引いても
超おススメしたい爆笑エッセーでした。

ちなみにこの作者は
馬面で猫背・猫っ毛で、お腹が弱くて、早稲田大学卒業して
今は社会人やってるそうです(本人がそう書いている)。
確かにGEROりんより顔が若干長い・・・かも(^^ゞ
早稲田摂陵高校定演2013
2013年02月24日 (日) | 編集 |
恒例の定演へ。
・・・と思ったら、去年は娘の結婚の顔合わせとかあって
行ってなかった!毎年行ってた気分だったけど。
ってコトで、2年ぶりのシンフォニーホール。
時の経つのは速い・・・

今年は友人のお嬢さんは何かと忙しくて
OG出演はしてなかったんだけど
うちの教室にしばらく通っていた生徒
(無事に合格したので塾を卒業)
が出演していたので目で追ってました。
いい演奏してたな~
春からも吹奏楽を頑張るということなので
応援してます(息子と同じ大学へ~)

さて、今年はマーチング曲が多く、
特にパートに分かれて入場してくる曲は
わくわくしました。
TV出演効果か、部員数も増えていたので
迫力もありました。
でも、やっぱり、プログラムが終わってからの
マーチング演奏が一番好き。
名物の、歌やダンス、ドラム回しも素晴らしい。

今年のマーチング曲はディズニーソング。
ミッキーマウスマーチのアレンジが可愛い!
なんと来週、ディズニーシーで披露するそうですよ!
ステキですね~~


吹奏楽を聴くのは昨年秋の中学の定演以来。
だんだん、離れて行きますね~
今年は特にジャズステージを観に行くことが増えそうだし。
でもやっぱり生の音は感動します。
寒かったけど、出かけて良かった。

次は息子の高校の定演を聴きに行く予定です。
空飛ぶ広報室
2013年02月21日 (木) | 編集 |
昨夏に出た有川浩さんの新刊本。
462P もあったけど、今週は家事をさぼってたので読了~
面白かった~
今、知ったけど、4月からガッキー出演でドラマ化されるらしい。
確かにガッキーのイメージ、(特に「リーガルハイ」の)は
合ってるな。でも主役の男子はよく分からないな。
上司が柴田さん・・・らしいです。

航空自衛隊の広報室が舞台となるお話です。
有川さんは自衛隊3部作と呼ばれるSFも書いてるし
「阪急電車」では軍オタも出て来てたし
自衛隊のいいイメージをこんな形で伝えてくれることが嬉しい。
ドラマになったらますます広報に役立つよね。
私は自衛隊擁護派ですが、良く知らないから悪いイメージを
持っている人にもおススメします!

前半は主人公が広報室に配属になったいきさつとか
広報室の仲間の話が色々と書かれていて、フツーなんですが
後半、第5章からはぐっと引き込まれ感情を揺さぶられながら
読みました。
そして刊行予定の年の3月に起こった東日本大震災。
1年遅れて、番外編を加えて、昨夏の刊行になったそうです。

読後、色んなことを考えさせられます。
ノンフィクションではないけど、それに近い部分と
有川さんらしいキャラのやり取りとで
楽しみながら学べる?作品にもなってます。


若干ネタバレ ↓



いつものように反発しながら惹かれあう2人が
出てくるんだけど
最後まで結ばれなかったのが、ちょっと意外でした。
今後の展開に含みを持たせたのかな~


あと、最終話に5人組の人気男性アイドルグループが
ブルーインパルスに乗る話があるんですが・・・
(JJ企画の「宙」というグループ、という設定)
ドラマ化したらもしかして
J事務所の「嵐」さんが出たりはしないかな?!
やっぱ無理かな(^^ゞ

RDG レッドデータガール
2013年02月14日 (木) | 編集 |
4年かけて完結しました!
勾玉3部作、西の魔女などで大好きな荻原規子さんの
「RDG レッドデータガール」全6巻。
ストーリー自体はちょっとラノベみたいで、
アニメ化したらいいのに・・と思っていたら、
この4月からアニメ放映されます!
これで荻原さんの名も広まるかな(^^ゞ

酒井駒子さんの表紙絵以外は全く画像がなかったので
私の想像してた人物像とアニメは違うけど
ゲーム・アトリエシリーズの岸田メルのキャラデザで
可愛いです。
一番、私の想像と違ったのは真響かなぁ。
でも声優さんはそうそうたる顔ぶれです。
いっちばん!期待してる!!深行が・・・
内山くん!
(「絶園」で言うと、吉野より真広の方が合うと思うけど
 でも十分満足なキャストです。良かった!)
主人公は早見さん(神のみのハクア、バクマンの小豆など)
福潤、木村、くぎみぃ・・・嬉しいキャスト!
4月アニメの期待リスト入りです。

公式HPには先行PVも出てます。
(まだ内山君の声は聞けないけど)
アニメRDG公式サイト

 
さて、原作の方ですが
アニメ化前に無事に完結。
と言っても、話はまだまだ続くけど、泉水子に決意が出来た・・・
って感じでまとまりました。
ほぼストーリーのメインになってた文化祭ネタは
かなり盛り上がり面白かった。
こんな学園・・・CLA〇P作品でしか見たコトないわ(笑)

ストーリーはイマドキだけど
荻原さんの筆はやっぱり上手いから、安心して(?)
読み進められます。
文庫版も出たそうなので、ファンタジー好きにはぜひ。
陰陽師、山伏、土地神、別次元の神などが出てきます。

個人的には主人公に付き添う「ツン」な男子が好みです(*^_^*)
分かる人にしか分からないつぶやき。
犬高柳の私のイメージは銀魂の定春です(笑)


あぁ。
「十二国記」も早く完結してアニメ化しないかなぁ・・・
五右衛門ロック3
2013年02月14日 (木) | 編集 |
大枚叩いて見て来ました、劇団☆新感線の舞台「五右衛門ロック3」
先行発売にも関わらず2階席でしたが、前から2列目で
全体が良く俯瞰出来て、楽しかったです。
でも休憩中に1階に行ったら、やっぱり1階、近くていいなぁああ。
お芝居は席が50%くらい、感想を変えるよ・・・
ゲキシネと違ってアップとか全然見えないけど
面白いシーンで皆が笑ったり、拍手いっぱいしたり、
臨場感があって「生」な感じを久々に味わいました。

あとで考えて見たら新感線は高いのでもう10年くらい見てない・・・
(ゲキシネ知ってからはなおさら)
舞台自体も、最後が3年前くらい、四季のファミリーミュージカル(無料)で
その前は「ソング&ダンス」、ちゃんとしたお芝居は「ウイキッド」以来か・・・
経済状況の悪化と息子の受験が続いたからなぁ。。。
よし、今年は舞台観劇復活 希望! (笑)

話がそれましたが、五右衛門。
見始めてしばらくして・・・「あれ?バラサム見たっけ??」

そうです、ゲキシネの五右衛門1見た後、次はバラサムと言いながら
映画のレミゼ見て、TVのアカドクロ見て、ゲキシネのワカドクロ見たら
バラサム抜けてたやん!!( ̄▽ ̄;)!!ガーン
うわ~ん、予習不足、一番見たかったのに、次のレパートリー上映まで
待たないと・・・
まぁ忙しかったし、怪我とかあったしね。

また話がそれました(^^ゞ
五右衛門3は、バラサムと予想以上につながってたけど
見てなくても楽しめます。

以下、ネタバレあり。


三浦春馬くんは、最初、キザであんま好みじゃない役だったけど
それから本性を現して、最後に変わって行ったので3回違うキャラが見れます。
歌もダンスも上手かった!
蒼井優ちゃんは可愛かった。飛び跳ねてた。
主役?の古田さんは相変わらず滑舌悪いけど(^^ゞ存在感がやっぱ違う!
今回、飛びましたし!!
抜群の安定感の粟根さん、村井國夫(でも1回とちった。生の醍醐味ww)
麿さんががっちり脇を固めて
右近さん、村木さん、聖子さん、じゅんさん・・・と新感線メンバーのお芝居、
冠さんのシャウト・・・と
堪能しました。
前回出演の天海さんも映像で2回出てきますよ~

でも今回は泣くシーンはなかったし、「カッコイイ~」ってキャラもなかったかな。
豪華できらびやかで楽しいお芝居でした。

バンドはオケピみたいな舞台下にいたのでほぼ見えなかった。
見せ場のところだけ、ギターとベースが舞台上に出てきました。
ま、冠さんがいたらそれで満足なんだけど(*^_^*)
やっぱ「ジパングパンク」はいいね。
カラオケにも第1作の詩のバージョンはあるんだよ~

はやくゲキシネでアップをみたいです。

ギリギリで開演に駆け込んだので、劇場前で記念写真撮りたかったけど断念。
あと、女子トイレは休憩中(20分)に行くのは至難の業です。
水分控えめで4時間耐える覚悟で・・・(^^ゞ
平日昼間にかかわらず、老若男女2千人くらい(劇場キャパ2400人だから)いたかも。
すごいよな。。。

ってコトで久々の観劇レポでした。
大阪では2月28日までやってます。

クリックするとHPに飛びます。
ZIPANG PUNK~五右衛門ロック3 border=

2月です
2013年02月01日 (金) | 編集 |
2月、February,如月。
1年で一番寒い季節ですね。
そして1年で一番短い月。

私はちょっと時間に余裕が出る月なので
しばらくぶりに本を読んだり
DVDを見たりしたいと思います。
(TVドラマ・プライスレス、まだ見てないし~(^^ゞ)

インフルや風邪も流行っています。
皆さまもお身体ご自愛くださいね~