訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
白雪姫
2013年03月28日 (木) | 編集 |
最近は皆が知ってるお話のリメイクが盛んで・・・
昨年公開された2作品の白雪姫を見ました。
まずは「スノーホワイト」
グリム童話を実写しました!って感じで
「ロードオブザリング」とかもそうなんだけど
暗いんだよね・・・
アメリカ映画だけど、イギリスロケのせいかもしれない。
アクションとかCG とか本格的でしたが
あまり感動はしませんでした。

お次は「白雪姫と鏡の女王」
これは面白かった!!
結局、ストーリーはだいたいわかってるんだから
キャラがどれだけ立ってるか、ってことがポイントだと思います。
ジュリアロバーツは悪い女王だけどキュートだし
(今回経歴を見るまで私よりあんなに年下だと思ってませんでした、
 ごめんなさい(^^ゞ)
最初は嫌味な王子がコミカルな演技をしたり
小人たちも、存在の設定がよく考えられている。
そして何よりも萌えたのは・・・
衣装!
アカデミー衣装デザインを取った故・石岡 瑛子さん。
(公開直前に亡くなられたので、映画のエンディングで
 「捧ぐ」とクレジットされています)
仮面舞踏会での傑作なコスプレ!!
姫の素晴らしいドレス。
エンディングのドレスは蝶々結びにしろ、配色にしろ、斬新!
音楽は、あの、リトルマーメイドやら美女と野獣やらアラジンやらの
アランメンケンですよ!
そして最後に「The End 」が出た後に
白雪姫が歌い踊りだして気が付きました。
監督はインドの人だ!
だからこんなに楽しいんだ!
後で知ったけど、黒髪に染めて白雪姫を演ったのは
フィルコリンズのお嬢さんだそうです。
特に後半の笑顔がキュートでした。

また、こちらは最後までリンゴが出て来なくて
出ないのかなと思った頃に意外な使われ方をしましたよ。

ちなみにどちらの作品も、
姫が小人の家事をしたり、王子を待ってるだけの存在ではないのは
時代に合わせてありますね。
小人の名前も設定も、この2作品はディズニーやグリムとも違います。
王子の名前も違います。(ディズニーアニメでは名前もないです)


「白雪姫と鏡の女王」(原題はMirror Mirror)おススメです。
チア男子
2013年03月27日 (水) | 編集 |
朝井リョウ君の2010年書下ろしの小説です。
話題になった「桐島、部活やめるってよ」の次作となります。
ある大学の男子チアリーディンングのお話、ってコトで
自分の大学の男子チアのチームに取材したそうです。
・・・あるんですね、男子だけのチアチームが。
おばさんのチアは見たことあったけど(^^ゞ
息子の吹奏楽追っかけのおまけで
日本トップレベルのチアの演技は何度か間近で見ましたが
すごいです。まさに人を応援するエネルギーを感じます。
ただ、
私自身はスポーツ、特に団体競技が苦手。
スポ根なんか大嫌い。
なので、軽く読み飛ばす気持ちで読み始めました。
前半は、お決まりの展開。
主人公が誰もやったことない男子だけのチアチームを作ろうとして
クセのある色んな仲間が集まって、文化祭での発表を目指す。
まぁ・・・ベタだわな。
と思ってたのですが
面白かったのは、後半。
文化祭発表で話は終わらなかった。
発表を見てさらに仲間が集まって、大会を目指すのです。
7人から16人になって
ぶつかったり試行錯誤しながら。
この16人のキャラクターの設定がいいです。
それぞれ色んな背景や悩みがあって、そのバランスも絶妙。
ざっくりストーリーを言うと、大会を目指すスポ根になるけど
チアをやるそれぞれの理由や会話が話を深くしています。
最後に、それぞれのこれまでの心情がある方法で明かされますが
その方法も面白いし、それが大会の描写につながり
エンディングを迎える手法も感動的でした。
これは・・・
きっとドラマ化か映画化されそうな気がします。
ジュブナイルみたいな軽い装丁ですが
チアに興味ある人、大学生のサークル活動に興味ある人、
リョウ君が好きな人、スポ根好きな人におススメです。
個人的には、ドラマ「ビギナーズ」のイメージに近いです。
若いっていいよね(笑)
オズ始まりの戦い
2013年03月24日 (日) | 編集 |
OZの王国のどろしーですから・・・
ってコトもあって(^^ゞ
見て来ました「オズ、始まりの戦い」
(原題はOz: the Great and Powerful)
オズとアリスはやっぱり私のファンタジーの原点だしね。

目に欠点があるので3Dは避けて、字幕版の普通バージョンです。
あちこちに「ここは、飛び出して見えるんだろうな~」
というシーンがありましたが、
大きなスクリーンで見るだけでやっぱり素晴らしい。
大丈夫な人は、3Dが楽しそうですよ。

まずは白黒映画で昔のアメリカ~な雰囲気を出し、
それからスクリーンが広がりカラーになります。
ファンタジーな世界はホントに良く出来ています。
ストーリーもやっぱりディズニー。
安心して見ていられます。
(でも主人公が女たらしの設定なんで
 キスシーンとか、若干小さなお子様には「?」な
 ところもありましたが)

陶器で出来た人形が一緒に旅をする、と言うのは
予告編で知っていましたが・・・
英語版ではやっぱり違和感がありましたね。
陶器の少女=Little China girl
うん。
日本人としては、漆器(=Japan )の少女希望(笑)
でもこの子、可愛かったですよ。けなげで。
良い魔女は、アリスの女王様とかピノキオの女王様とか
「ディズニーの映画に出てくる良い女王様」の典型タイプ。
個人的には、騙された形になった可哀そうな妹魔女に同情しました。

ウイキッドみたいなメッセージ性はなく
ただ、良く知られている「OZの魔法使い」に出てくる世界の前日談
という感じです。
悪いところはなかったけど、「どうだった?」と聞かれたら
「良かったよ~」としか感想がないかな~
まぁ、ディズニーもオズも大好きだから、それでいいんですけど。

予告編で見た「シュガーラッシュ」
トイストーリーのゲーム版みたいなやつ。
これも面白そうですね~
「ドロシーオブオズ」というCGアニメも制作されたらしいので
今年も色々と見に行きたい作品がありそうです。
今回、ものすごく久々の「おひとり様」映画鑑賞でしたが
レディースデーを選んで仕事前に一人で見るのは
とっても楽だったので、いいかも。
またやっちゃおうかな。

SPYライブ
2013年03月10日 (日) | 編集 |
IMG_0061.jpg

つぶやいてましたが
茨木JKでのSPYライブに行きました。
前回、12月の時は息子の演奏会と重なって
セカンドステージからだったので
今回はしっかり仕事の早帰り設定して
ファーストステージから。
1曲目が大好きな「R423」だったので良かった~!
会場では、いつも見に来てるAちゃんが話しかけてくれて
ぼっちでも大丈夫でした(^^ゞ
・・・ってか
セカンドステージには
バイト帰りの息子も間に合ったし(^^ゞ

息子に「アドリブの勉強し~」と言ったら
「上手すぎて凄すぎて参考にも出来ない」だって。

それにしても
ものすごいパワフルなステージでした。
そしてちょっとしたアクシデントがあっても
上手くまとめあげる(ちょっと笑いも誘いながらww)のが
長年の経験なんだろうな~

あ、神師匠は肩が不調なようで、ちょっと心配です。
肩・首・腰・・・はサックス吹きにはつきものでしょうけど
早く回復しますように。

次回は高槻ジャズスト、そして茨木音楽祭。
まだ予定が合うか分からないけど・・・
楽しみ。



つぶやき。ゴリサクさんが「年度末のお忙しいなか・・・」って連発してたけど
年度末なのは同業者の業界だけだよね(^^ゞ

るろけん
2013年03月09日 (土) | 編集 |
「るろうに剣心」
原作漫画及びTVアニメにはまったのは遠い昔・・・
今さら、しかも、実写で・・・と思ってたけど
「とんび」のたけるんの可愛さにも惹かれて見たら
すごく良かった!
原作とはキャラを借りただけの違うストーリーと
思った方がいいです。
だから、原作知らなくてもOK.
ま、ジャンプの漫画原作だから、と思って見るくらいで(^^ゞ
(つまり、勧善懲悪ハッピーエンド時代設定はあんま考えないって感じで)
もともと、時代劇は好きじゃないんだけど
最近の、いい加減な設定の時代劇は好き。
メガネかけてたり、茶髪とかの。
深夜番組の「戦国鍋」とか大好き!!

・・・話がそれました。
たけるん、カッコいいです。
江口の斉藤一ポーズもはまってた。
悪役は悪役らしく、須藤元気とか吉川晃司とか迫力あった!
香川はいつもホントにすごい役者さんです。
蒼井優ちゃん、今回はリンとして上手かった。
戦闘シーンも、特に、たけるんの飛天御剣流の動きが凄かった。
かっけ~\(^o^)/
見応えありました。

時代劇設定の映画やドラマを見るときの別の楽しみとして
知ってる風景がけっこう出てくることもあります。
太秦映画村、仁和寺などは定番。今回は龍谷大学大宮学舎も出てました。
近江八幡の八幡濠も定番ですよね~ 
あと倉敷に姫路城。全部、行ったな~(*^_^*)
そんなことも考えながら
エンディングは私がスマホに入れてる数少ない曲のひとつ
ワンオクの「The Beginning」。最後まで満足な作品でした。
キケン
2013年03月09日 (土) | 編集 |
ここんとこ、有川・浅井ローテーションです。
図書館に予約して、来る順番が分からないので図書館任せ~
でも前回の、浅井くんの大学での話の次に読んだのは
有川さん作の大学での話でした(笑)

舞台は工業系の大学。
専門系の学校は、内情を知らないから、面白いネタがいっぱい。
例えば今なら「もやしもん」(農学部)とか「銀の匙」(農業高校)とか
古くは「動物のお医者さん」(獣医学部)とか「ハチクロ」(芸大)とか
本当に興味深くて面白い。
・・・あれ?
上記に上げたのは漫画ばっかりだった(笑)

「キケン」は
ある工科大学の「機械制御研究部」というサークルのお話。
そしてやっぱり一番盛り上がるのは、文化祭ネタ。
「もやしもん」での学祭もすごかったけど
工科大だから、ここもすごい。
屋台とか無線システムとか作っちゃう。
そして大学生のノリで、模擬店に全力投球しちゃう。
青春万歳。
あとは火薬大好きな先輩とか、工科大らしくロボコンネタとか・・・
終わり方も良かった。

知識があるだけの大学ではあんま面白いネタもないのかも?
こういう子たちがこれからのニッポンを支えていけば
面白いのにな~

他に、専門系大学とかの面白い小説があれば教えてください~
ある春の日
2013年03月09日 (土) | 編集 |
plum2013 (1) plum2013 (2)
plum2013 (4) plum2013.jpg

暖かいですね~
ようやく春!! 花粉症の人には申し訳ないですが
そして色々と空気も良くないようですが
やっぱり春は嬉しい。
そして私は数ヶ月ぶりに自分の部屋の自分の机に向かってます。
(寒い間はリビングに避難してた(^^ゞ)

一昨日は
いい香りに惹かれて、近所の公園の梅を眺めて・・・
若い男子に全身マッサージしてもらい・・・   (整骨院
サーモン尽くしのにぎり寿司とカニの身入り味噌汁ランチ・・・ (スーパーとインスタント
映画を見て・・・  (レンタルDVD

う~~ん、ぜ い た く ! 
(〆て千円!(笑)これに温泉入り放題&漫画読み放題付けてもプラス500円、
 カラオケ歌って飲み放題付けても平日昼間なら千円いかないって、大阪ってすごい!)


それにしても
こんな陽気に出かけられないなんて、花粉症ってほんと怖いです。
私もしばらくはマスクして通勤するようにします。

あ~
でも、毎年、「春になると海が見たくなる病」に冒されてるので
昨夜は海の夢を見ました。

海行きたい・・・

せめてたくさん水があるとこに、来週は出かける予定ですが
また寒くなるそうで。
困ったね。晴れ女パワーでせめて晴らしたい(^^ゞ

今夜はSPYライブに行きます!

そんな春の一日でした(*^_^*)


[READ MORE...]
3月
2013年03月01日 (金) | 編集 |
いやぁ~恐ろしい、もう3月です。
March,弥生。
気が付けば、2月はこれまでで最低のブログ更新数でした。
ツイッターはしてたけど・・・
3月は記録を下方更新しないように頑張ります(^^ゞ

さて、私は4月始まりの手帳を使っているので
いよいよ年度末、新しい手帳を買いに行かなきゃ・・・
って感じです。
昨年の今頃、こんな生活になってるとは
全然予想してなかったです。
う~ん、大変化のあった1年だったなぁ。

ま、春に近づいていく季節、
皆さまもどうぞお身体ご自愛くださいませ。

私は今月も相変わらず
仕事メインで~っす。