訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
7月の観た
2014年07月10日 (木) | 編集 |
「風立ちぬ」
昨年のジブリ作品、借りて見ました。
背景や音楽は相変わらず素晴らしいけど
ストーリーは単なる伝記で、起承転結もなく
なにより主役のヴォイスキャストがあんまりな出来でした。
残念。
庵野氏は監督として尊敬してるけど
演じるには素人すぎる。
宮崎氏の個人的映画としてはいいんだろうけど。
あと大人の為の映画らしいので
妄想シーンはあってもファンタジー色はなく
生々しいキスシーンとか、ジブリ映画に期待してなかったです。
戦前の生活を知る教育映画みたいな感じ。
これ以上書くと悪口しか出ないので、以上!
もちろん飛行機が好きな人とかこれが面白いと思う人も
いるのだから、あくまで個人的感想です。
蛇足ながら、この題名を聞くと反射的に
聖子ちゃんの歌のフレーズが出て来てしまいます(^^ゞ

「リアル~完全なる首長竜の日」
昨年、原作を読んでからDVD化を待ってました。
  原作本を読んだ時の感想「首長竜
姉弟から幼馴染の夫婦に設定が変わり
エンディングっていうか、大筋も原作とは違うけど
ミステリーSFとして面白かった。
首長竜も活躍したし。
ちょっと怖いシーンもあったけど
現実と空想の混濁がよく描かれていて
俳優たちも上手くて満足しました。


「奇跡の教室」
織田裕二主演2時間ドラマ。
題材が予備校だったので見てみました。
ネタとして面白かった。
カリスマ講師として、ヒャダインやら竹中直人やら
出てて、東進の内情が分かるところは楽しかったです。
安藤美姫の演技は残念としかいいようがないけど。
あんなにパロるなら、もこみちの家庭のシーンでは
オリーブオイルで料理すれば良かったのに(笑)
脚本が残念だったので織田さんもかわいそうでした。
結論:予備校講師なめんな、と言いたい(-_-;)