訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
1Q84-3
2010年05月14日 (金) | 編集 |
ようやく読了しました。満足です(*^_^*)
私は最後がどうなるかが本を読むときに大切な要素なので、
途中でうっかり新聞に載ってる識者のレビューで
ネタバレ書いてたのを読んでしまった時はめっちゃ後悔しました。
ネットではネタバレしないようみんな気を使ってるのに、
まったく、偉い人は・・(-_-;)
私は、ハッピーエンドかそうでないかも伏せておきますね。

1~3月を描いたBOOK0の可能性を予想している人もいましたが
個人的にはこれでもう続きは要らないです。
あまり詳細に謎を解くのが得策だとは思えませんし
一人ひとりの背景を描いていたらつまらなくなる気がします。
それにしても今回は、新興宗教よりN○Kの集金がとっても悪役でしたよ。
私も昔一人暮らししてた時、少なからず被害にはあってますが(^^ゞ

私はこういう、「よく分からない」話が好きなので、昔からハルキニストでしたが
逆にこれがベストセラーになる理由は分かりません。万人受けはしないと思うけどな。
ハウツー本とか現実社会で人が恋愛したり殺されたりする小説が好きな人や
ケイタイ小説しか読んだことない人にはお勧めしません。
なんか分からないけど、分からないところを楽しめる人はどうぞ。

あと、彼の文体は非常に英語っぽいのも好きです。
日常で「損なわれる」とか「彼に負っている」とか言わないけど
これがハルキっぽいんですよね~
今回はあまり音楽とか食べ物の話は多くなく、キチンとエンディングに向いて
まとめていった感じがあります。ご馳走様でした、って感じ。
好きなキャラはタマルでした。

コメント
この記事へのコメント
ふ~ん、ハルキは、そういう風に読めばいいんだね。
空気さなぎとか、リトルピープルとか出てくると、げんなり
してしまって、意味を追求しようとして疲れる・・・
という人には不向きですね。
なんかわからないけど、わかならいところを楽しめるドロシーさんが素敵。
もう一回そういう風に、読んで見ようかな?
2010/05/14(金) 23:41:02 | URL | lollipop #-[ 編集]
>lollipopさま
まぁテストと違って読み方に正解はないから
好きに読めばいいと思うけど
意味をはっきりさせることに意識を持っていくと
何も見つからなくて疲れるかも~(^_^;)
ハルキの文体ってクセがあるから
慣れると逆に病みつきになるかもよ~
せっかく買ったんだからしばらくしてからまた
読んでみるとまた発見があるかもです。
他のハルキ貸しましょうか?
1冊読んで「これは辛い」って言ってたある人も
何冊か読んだらはまったらしいから~

でも、何でも読んでみよう見てみよう聞いてみようって
意欲のあるlollipop さんも素敵だよ~(*^_^*)
2010/05/15(土) 16:14:12 | URL | どろしー #6QN8TXZI[ 編集]
結構若いときは知ったかぶりで「好き」とか言って
話題作は読んでたんだけど、内容よりも雰囲気が外国風で
かっこいい!って思っていたのかな~と思って。

この年になって、読んだ作品の内容が全く頭に残っていないので最近また「ノルウェイの森」とか
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」「1Q84」を読んだりして、作者の意図を理解したい・・・と
思ったけど、読者としての知識のなさに落ち込むんだよね。

なんか、外国人だらけの映画館で字幕のない映画をみて
みんな笑っているところで、きょとんとしている自分が見える
気がして。

もっと気楽に楽しめばいいんだよね。

またお勧めの一冊!があれば貸してください。

嫌いじゃないし、楽に読めるんだけど、
「あれは?これは?」と頭が混乱してすっきりせず
それが自分のせいみたいに思える春樹ワールドです。
2010/05/15(土) 20:26:15 | URL | lollipop #-[ 編集]
>lollipop さま
「ノルウエイ」がバカ売れたした時は不思議で、しかも
「なんで売れてるの?買ったけど面白くない~」と言われると
別に皆に分かってほしくないから~なんて思ってました(^_^;)
「世界の終わり・・」は大好きで「カフカ」が2番目くらい。
今回のはまだ自分の中でランクが確定してない感じです。

絵もそうだけど、鑑賞者側に知識って要るのかな?
あった方がいいのかな?
別にいいんじゃない?
周りに合わせず自分の理解できるとこで笑えば~(笑)
その時の自分の状況や精神状態によっても違うしね。

また色々文学談義もしましょうね~
2010/05/16(日) 13:31:14 | URL | どろしー #6QN8TXZI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック