訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
今井町(奈良県)
2010年05月24日 (月) | 編集 |
3年ぶりの絵画クラブの合宿への参加。今年は奈良県、と言っても
今話題の上の方wではなく、下の方・・橿原市~明日香へ行きました。
2回に分けて画像も文字もたっぷりでお届けします(^_^;)
さて、大阪から約1時間で近鉄・八木西口に到着。
「重要伝統的建造物群保存地区」今井町に。
imai1.jpg駅を降りると大きな看板があってすぐ分かります。
コインロッカーは大きめで100円と便利なので
荷物を預けて散策へ。
まずは今井まちなみ交流センター「夢甍」へ。
ここでイラストマップをもらったり
ジオラマで全体像を把握したり、
ガイドさんの説明を聞きます。
今井町は寺を中心に発達した寺内町で、
江戸時代の姿を残しています。
マップや案内板が各地にありますが、道が卍に交差していて同じような家があって、
迷路みたいです。暮らしていても迷いそう・・
asuka12_20100524112641.jpg
重要文化財の家が9軒、
県指定重要文化財の建物が3軒、
橿原市指定の重要文化財が5軒ありますが
中には今も人が住んでいて、家人が在宅中なら
見学出来ます、という家もありました。
一番大きな「今西家」は春と秋の1ヶ月間限定公開で
ちょうど期間が終わったところでした。残念!
右の画像は屋根にある煙出しの屋根。
imai2.jpg asuka13_20100524112640.jpg
電柱が地中化整備された道も。街灯があちこちにあり、夜もキレイだろうな。
家の中は改装されているそうですが、外観はちゃんと町並みに合わせているそうです。
なお、いくつかの重要文化財指定の家は有料だったり事前連絡が必要だったりします。
(マップに有料の家がどこでいくらか書いてないのは残念)
所々にトイレや休憩所もあり、ボランティアの案内があったり、町中が観光に協力しています。
imai3.jpg imai4.jpg
   散髪屋さんとか・・   こちらは民宿らしい
imai5.jpg imai6.jpg
みみず配合の風邪薬の看板。   最近は珍しくなったツバメの巣
imai7.jpg imai8.jpg
こちらは旧米谷家。18世紀の建物で無料で見学出来ます。勾玉型のカマド。
吹田の旧西尾家みたいですね。
っていうか、実は建替え前の私の実家みたいな家が並んでたわけです(^^ゞ
珍しい蔵前座敷・・って私の昔の勉強部屋やん、みたいな。

さて、昼食は駅に近い北尊坊通りにある「粋庵」
(11:30~13:30、17:00~22:00 月曜定休)へ。
imai9.jpg imai10.jpg
しっかりした鰹節のかかった冷奴、胡瓜浅漬け、野菜炊き合わせ、卵焼き、海老天に
そば(温・冷)がついた「今井膳」1000円。そばは細くてあっさり系。
単品もあります。ご主人が一人で頑張ってました~

さて、予定では午前中にスケッチを仕上げて明日香に向かうつもりでしたが
残念ながら到着した時が雨だったので散策中心にしてゆっくりランチしました。
そしたら雨が止んだので、やっぱりスケッチ!と午後にかけて1枚描いてから宿へ。

宿泊は明日香の「祝戸荘
国営飛鳥歴史公園内の高台にあって、ロッジみたいな部屋の作り。
imai11.jpg夕食は「里山料理」
アマゴの塩焼きとか野菜の炊き合わせとか
これにご飯にお吸い物付き。
・・・
ま、たまにはいいでしょう(^_^;)
でも結局これでは足りない、と
天ぷらと枝豆を追加注文。
他に牛乳入りの飛鳥鍋や
古代食(飛鳥の宮廷人が食べていた料理を現代風に再現したらしい)とかあるそうです。

新しい建物で大人数で泊まれていいんだけど、すごく質素。まぁ値段が値段ですけど。
そしてど山ん中なんで外は真っ暗、自販機が2台あるだけ。
あ~普段どれだけ恵まれた環境にいるかを痛感。
アテがない~!と言いながらビールを飲みました(^^ゞ
今、HP見たら「受験生パック」とかありましたが確かに、勉強合宿とか企業の研修とか良さそう。
都会の日頃の誘惑が断ち切れます。修行にぴったり(笑)
あ、でも我々も合宿に来たんだった。
ちゃんと夜はスケッチの合評して、朝も5時半置きでスケッチしましたよ~

と言うことで後半に続く・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック