訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
京都・伏見稲荷
2012年03月17日 (土) | 編集 |
お正月には全国でも屈指の参拝数を誇る伏見稲荷大社。
私は20年以上ぶりに訪れました。
fusimiinari018.jpg
京阪の伏見稲荷駅。駅からもう雰囲気出てます。
参道にはお土産物屋さんや、うどん屋さん・・・
有名な雀の姿焼きは数が減っているらしく、うずらの姿焼きがメイン。
あまり美味しいものでもないらしいので、見るだけ、で通り過ぎ・・・
fusimiinari001.jpg fusimiinari002.jpg
立派な楼門。フォトジェニック~

まずは本殿に参拝。おいなりさんご鎮座1300年だそうです。
そして、有名な「おもかる石」へ。
fusimiinari012.jpg
灯篭の上の丸い石を、
願いを念じて持ち上げた時、重さが予想していたより軽ければ願いが叶い、
重ければその願いは叶わないと言われています。
「じゃあ、重いって覚悟して持ち上げればいいのでは」と考えたんですが
・・・
ちょ・・・
予想以上に重かった。ってか上がらなかったorz
「あ~あかんわ、お母さん、何を願ったん?」と息子。
「お姉ちゃんの結婚式の成功とかお父さんの仕事とか・・・」
「あ~あ」
ちょっと待って、あ~あ、ってなんやねん~!!

気を取り直して、千本鳥居へ。ここからが正念場(^^ゞ

fusimiinari011.jpg

千本鳥居と言いますが、1万本近いそうです。
数えて登ってる若い子たちもいました。
大きさに寄ってお値段が違いますが
一番小さいのは割とリーズナブルでした。
古くなって根元が腐って倒れたものも。
上り、こちらから見るときれいですが
下り、裏から見ると奉納された年月と名前が
ビッシリと続いて見えます。


fusimiinari003.jpg fusimiinari005.jpg
奥社を参拝したら、ここからは、稲荷山登山。
往復2時間、と書いてあります。
fusimiinari013.jpg
あちこちには、塚と呼ばれる祠があります。
神聖な雰囲気。
fusimiinari009.jpg
水ごり場。
せきを鎮める神さまもありました。
fusimiinari010.jpg
稲荷山の最高峰(標高233メートル)です。

天気が良かったので、ちょうど気持ちのいい距離でした。
下りはちょっとしんどかったけど。
外国人の観光客、修学旅行生などもたくさん。
パンプスではダメですよ。

ここは本当にまた行きたくなる場所でした。

番外編へ続く・・・
コメント
この記事へのコメント
行ってきたのね~
ちょ、マジで行ってきたのね~
有言実行で素晴らしいw
私は、一度も行ったことがありません。
今回の機会に登山してみよう、と思います。
おもかる石もTVで見たけど、私も持ち上がるかどうか・・
2012/03/18(日) 15:10:17 | URL | きーすけ #-[ 編集]
>きーすけさま
はい、有言実行(笑)
で、逆にまだその先の駅には行かず(^^ゞ
暑くなる前に是非、上から大学を眺めてみて~

おもかる石、だいたい、位置が持ちにくいとこに
あるんだよ。と言い訳してみる・・・
2012/03/18(日) 15:59:25 | URL | どろしー #6QN8TXZI[ 編集]
おもかる石
伏見稲荷、奥があったんですね。
お稲荷さんの鳥居と狐を買いに行っただけだったので知りませんでした。

おもかる石の願い事、ストレートでどろしーさんらしいです。
でも、持ち上げられなかったらとは考えなかったんですか?v-11
2012/03/19(月) 09:02:06 | URL | おっちゃん #5oNcD4VY[ 編集]
>おっちゃんさま
伏見稲荷は奥が面白いですよ。ぜひ。

正確に言うとほんの少しだけ持ち上がりました。
みんな持ち上げてたので、上がらないとは
まったく考えなかった・・・(^^ゞ
息子の受験でいっぱいお願いして叶えられなかったんで
まぁ目前の心配事を願ってみました。

天下泰平とか願って、一度挑戦してみてください(笑)
2012/03/19(月) 16:47:58 | URL | どろしー #6QN8TXZI[ 編集]
追記
2つのおもかる石は右と左で重さが違うらしい、
という情報を得ました。
だからかっ!!!
どっちが重い方だったかは言わないでおきます。
2012/03/25(日) 14:25:08 | URL | どろしー #6QN8TXZI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック