訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
髑髏城の七人
2013年01月24日 (木) | 編集 |
2011年に上演された、劇団☆新感線の舞台が
ゲキシネになってようやく見ることが出来ました!
ほんとゲキシネ最高!
たった2000円で3時間たっぷり、アップもしっかり見れて
大画面・大音量でお芝居が楽しめるなんて。
・・・
まぁ生には敵わないだろうけど(^^ゞ

私にとっては今年は新感線観劇が続く2013年です。
まずは
2004年の通称「アカドクロ」(古田新太2役版)がTV放映されたので
復習して
(ず~っと前に舞台で見たのは「アオドクロ」(市川染五郎2役版)だったと
思うんだけどストーリーの記憶があやふやだったので(^^ゞ)
そして昨日はゲキシネで2011年版見て、
2月には久しぶりの生舞台で「五右衛門ロックⅢ」、
それから時期は分からないけど今年中に「シレンとラギ」
(昨年の舞台、藤原竜也主演)もゲキシネになるらしい。
嬉しいなぁ~~

一番楽しみなのは五右衛門ロックⅢだけども。
チケットまだあるらしいです。
エンターテインメント満載の楽しいミュージカル舞台だよ~

さて、ゲキシネ髑髏城の七人。
大好きな「ミュージカル」ではないけど
笑いあり涙ありワクワクするお芝居でした。
古田新太に比べると、主役のおぐりん(小栗旬)が線が細くて
ちょっと頼りない感じもするけど
(彼は映画とかTV向けだと思う。でも全力で演じていて
 カッコ良かった!左利きなのに右手に刀の殺陣!すごい!!)
やっぱり私のイチオシは(勝地)涼ちゃん!
いいねぇええ。役柄ぴったし。
あと、早乙女太一の舞台映えする殺陣、素晴らしかった。
森山未来は相変わらず存在感がある。今回は悪役だったので
ダンスも笑いもなかったから「カッコイイ~」とはならなかったが(^^ゞ
小池栄子はただの巨乳でないwすごい女優になったよなぁ。
「八日目の蝉」も良かったし。演技力も花もあるね。

ストーリーがちょっと変えられていて、腑に落ちないところや
冗長なところもあったけど
まぁ、わたし的には、きれいな男子や女子がど派手に演技してたら
満足なんで(笑)
人が死にすぎるシーンは好きじゃないけど
涼ちゃんと仲間のシーンは涙しました。。

ストーリーについて息子は
「味方が七人、敵幹部が6人+大ボス・・・
 (少年)ジャンプ的設定やな」
って言ってたけど、
ま、それが一番、大衆の求めている設定なんじゃない?(笑)

今回は若い俳優さんメインなので「ワカドクロ」と言うそうです。
キレイカッコイイ男子や、派手な音楽と殺陣、なんかが好きな方は
是非この機会に。近くの映画館では今月中なようです。
その他の上映スケジュールは
ゲキシネ髑髏城の7人・上映スケジュール
その他詳しくは
ゲキシネ「髑髏城の七人」公式サイト



ところで、この話は信長死後8年の時代設定なんだけど
「信長のシェフ」ってTVドラマも見てるので
最近信長カッコいいな~と改めて思います。
・・・あのマントとかww革新的なところとか。
私の出身地は光秀の領地だったので
光秀=裏切り者の烙印をはがす大河ドラマの制作を
望んでいるらしいです。
なぜ謀反を起こしたのか、神のみぞ知る。
江口主演の「GOEMON」って映画も良かったなぁ・・


コメント
この記事へのコメント
髑髏城の七人・・・DVD持ってたりします。(1997のやつですが)
なので捨之介というと古田さんのイメージが強かったり。。。
ワカドクロかぁ~見てみたいかも♪
2013/01/24(木) 12:21:54 | URL | みこ #-[ 編集]
>みこさん
マジですか?!
いいなぁ〜
ワカドクロ、早めに行かないと
終わっちゃいそうだから
是非時間を作って見て下さい!
2013/01/24(木) 23:55:34 | URL | どろしー #6QN8TXZI[ 編集]
感想がほぼ同じだったので笑えた~♪
おもしろかったね^^
でも、なんか、すっきりしすぎて、
新感線らしさがなかったよね。
粟根さん、それでいいの?っておもっちゃった^^:
2013/01/26(土) 20:42:32 | URL | halu #PTRa1D3I[ 編集]
>halu さま
同じだった?良かった~

> 新感線らしさがなかったよね。

うん、新感線ファンには笑いも物足りないし
粟根さん、聖子さんも脇役すぎ感だよね。
右近さんは頑張ってたけど(^^ゞ

さて次は2階からの生舞台、どんな感じかなぁ。
拍手は思いっきりして来るよ~(笑)
2013/01/27(日) 10:13:34 | URL | どろしー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック