訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
思い出のマーニー
2014年09月04日 (木) | 編集 |
思い出のマーニー見ました。
私にとってジブリは美術(背景)が一番見どころで、
次が音楽、ストーリー、キャラは後回しです。
今回も美術が見たいと思いながらなかなか映画館に足が向かずにいたのですが、
先日のNHKでの種田陽平さんの仕事を見て、映画の日に後押しされて、
ようやく見てきました。映画館でのジブリはアリエッティ以来。

さて、いつも文句があるヴォイスキャストも、主役たちは良かったです。
大人たちはどうしても俳優さんたちの顔が見えてしまうので、
声優嫌いの宮さんがいない今、ぜひ今後は、餅は餅屋、にお願いしたいものです(^^ゞ

返す返すも残念なのは、ウイキでネタバレを読んでしまったこと。
今回ラストに明かされる謎が、普通にあらすじに書いてあるなんて(ToT)
と、言うことで、まだ見ていない人はネタバレしないよう、
最後のシーンを楽しみにしてください。
アリエッティみたいに消化不良にならず、きれいに纏まります。
ファンタジー好きな私的には、ぽにょ以来のファンタジー部分が満足でした。

まとめると

美術。素晴らしかった。
北海道の湿原がモデルだそうですが、やっぱり洋館!
洋館は大好物です。そして森。
エンディングロールには男鹿さまの名前もあり胸熱。
東京でやってる種田陽平展、行きたかったなぁ。。。

ストーリー。コミュ障の中学生女子の成長物語。見守る大人たち。
夏休みに親元を離れて田舎に行って成長する話は、
児童文学の鉄板ではありますが、好きです。
泣きはしなかったけど、良かったな。
色鉛筆の存在に注目。
ファンタジーな部分もあるけど、割と親切に解説があるので、最後はすっきりするはず。
ハガキもキーアイテムで、それが50円なので、舞台は昨年までの20年以内だと推測されます。
今の、携帯やラインなどのない時代。現代じゃこうはいかない・・・

キャラ。話題になった百合的な感じはほとんどなかったです。
ただ、個人的には主人公杏奈は好きじゃないですな。男子はほとんど出てこないです(^^ゞ

音楽。久石さんじゃないけどBGMも主題歌も良かったですよ。心に残るほどじゃないけど。

色んな人の見方があるので、どの映画もみんなにいいって訳じゃないと思う。
誰もが好きって言う方が異常だし。
そういう意味でも、宮さん、久石さんなしでも、(出来れば声優を使って)
これからも新しいジブリ作品を作ってくれることを、30年来のファンの私は期待しています。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック