訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海うそ
2015年03月24日 (火) | 編集 |
梨木さんの昨年発売の本、読みました。
いつも言うけど、きちんと出汁をとった手作りの料理を
食べているかのような満足感です。
ルビのほとんどない難読漢字や言い回しも
梨木さんらしい。
今回は九州の架空の島にフィールドワークに行った
地理学者が主人公で、時代は昭和初期。
相変わらずたくさんの動植物の描写が続き
一緒に森に入った気分になります。
正直、廃仏毀釈についてよく知らなかったので
それについては勉強になりました(^^ゞ
山口の祖母のおかげで、西日本の方言が
大好きなので、地元の老人の話し方は
懐かしい感じでした。
もちろん、スピリチュアルなシーンもあり
主人公の心の動きも描かれています。
最後の章でいきなり50年後に飛ぶのですが
これはちょっと意外でした。
でも、良かったかも。一気に話が身近な感じになって。
最後のページで主人公の言う
「老年を生きることの恩寵」が
自分にも実感されてしまって・・・
そういうことなんだなぁ、と。
いや、まだ老年ではないですけどね!!(笑)

ちなみにタイトルの「海うそ」は動物ではありません。
それが何かは本編のお楽しみ。

たまにはこういうきちんとした日本料理のようなものも
いいもんです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。