訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
キャロリング
2015年06月14日 (日) | 編集 |
有川浩さんの新刊、図書館の予約を数か月待って
やっと読めました。
すでに舞台化されたり、ドラマ化された作品。
殺人も大事件も起こらず、誰かが病気になったり死にもせず、
それなのに、面白くてどきどきしてほろりと出来るのは
有川作品ならではだなぁ。
ドラマでは子役が福くんだったみたいですが
それを知る前に読んだので、ちょっとイメージは違いました。
DVとか取り立て屋とか怖いところもあるけど
主人公と女の子の不器用な恋は相変わらず。
セリフがいいんだよな。
闇金の悪役と子分がいい感じでした。

そして、ハルジョオンとヒメジョオンの見分け方が
これで分かりました!(^_-)-☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック