訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
空棺の烏、読みました
2015年09月30日 (水) | 編集 |
前回読んでから 「阿部智里さんの小説
案外早くに新作出ました!!
「空棺の烏」
人の形になれる八咫烏の世界を描くファンタジー。
1作目では源氏物語のような世界観と
あっと驚くエンディングのミステリー、
2作目はその世界を広げ
キャラクターの魅力を描き出し
3作目ではアクションシーンも増え
この世界の謎も出てきて。
で、この4作目は
なんと、ハリーポッターばりの
学校もの!
主人公が若宮の為に
近衛隊養成所に入ったところから
話が始まります。
はぁ、なんて美味しい(笑)
世界観の設定が
女性はあまり活躍しない時代に
似せているので
畢竟、男子ばかり。
二次創作心をくすぐられるでしょうね(笑)
そんな邪な心は別として
文章も構成も内容も
しっかり読み応えがあります。
そして最後は、前作で出てきた猿との
謎と戦いにつながるという・・・
来年夏に刊行予定の次巻が
既に楽しみです。
シリーズ累計15万部だそうで
これは映像化も期待です!
久々にわくわくするシリーズです。
無題

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック