訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
6月の読んだ1
2016年06月08日 (水) | 編集 |
「サブマリン」 伊坂幸太郎

「チルドレン」の12年ぶりの続編。
家裁調査官の主人公と
破天荒だけど憎めない上司の
少年犯罪をめぐるお話。
前作を読んでからの方が面白いけど
これだけでも十分読めます。
ミステリーではなく、軽快にかつ
色んな伏線を最後に回収する伊坂節で
楽しく読みながら色々と考えさせられます。

ニュースで見聞きする少年犯罪。
事件の一面だけを知るけどその背景は
その後は知らないまま。
本当にその子は悪い子なのか。
正義って何なのか。
など答えがない問いを考えました。
大好きな、2009年のTVドラマ「スマイル」を
少し思い出しました。

何と言ってもその上司のキャラがいいですね。
私のイメージでは、桐谷健太とか堤真一なんだけど
「チルドレン」のドラマ化キャストは大森南朋でした。

あと、ジャズネタも。サックスを3本いっぺんに吹く
黒人の盲目ジャズメンとか
鳥肌もののアドリブ合戦となるライブの話とか。
思わずユーツベで聴きましたよ、すごかった。

検索と言えば、読みながら
「唐揚げ フロントガラス」ってググりました。
まんまと騙された(^^ゞ

伊坂さんの小説はほんと面白い。
読後、ちょうどいい満腹感を得られます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック