訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
6月の見た1
2016年06月16日 (木) | 編集 |
アニメと実写混ざっていろいろ見てます。
セレクトのポイントは、ちょっとSFちっくで
エログロでないものです(^^ゞ


まずは「心が叫びたがってるんだ」

昨年の劇場アニメ、通称「ここさけ」
「あの花」は実写版をTVで見ただけだったけど
話題だったので借りました。
結果、予想以上に良かった。

トラウマで声が出なかった女の子の高校での話
なんて、ベタな展開だろうと思ってたのですが
まず、初っ端、声が出なくなった事件が意外だった。
で、高校生が協力するってどうせ文化祭・・・と思ったら
地域ふれあい交流会(笑)
ラスト、主人公が失恋って
(ネタバレなので反転)
いい意味で予想を裏切られ
最後は泣いていました。

何より私好みだったのは、交流会で演るのが
オリジナルミュージカル。
しかもDTM使うってアタラシイ!
ミュージカルシーンはとぎれとぎれしか出なかったけど
これを全部見たい!!と思いました。

声優陣も若手人気の人たちで
話題になっただけのことはありました。

「Orange」
7月からアニメにもなる漫画原作の実写版です。
2015年劇場公開。
土屋太鳳ちゃん、山崎賢人くんに最近ちょっと気になる竜星涼くん。
ちょっとSFチックな青春ドラマ。
ヒーローもヒロインもウジウジしてるところが
私の好みではないけど、こういう男女混合の友情チームって
(アオハライドみたいな)自分にはなかったので憧れますね(^^ゞ
体育祭のシーンでは盛り上がりました。
泣けるシーンもあったし。


アニメ長編映画は予告などで興味を持っても
DVDになった時に見つけにくく
見逃しているものが多いのですが
たまたまアニメ映画特集コーナーで
気になるものを発見。

「イブの時間 劇場版」
ネット配信をまとめた2010年アニメ映画。
豪華声優陣!
何度も言ってますが、アンドロイドものは私のツボ。
これは、私の原点ともなる手塚治虫の「火の鳥」に
かなり近い、というか流れをくむ内容でした。
ロビタっぽいロボットも出てくるし。
アンドロイドが各家庭に普及する時代まで
私は生きていられるだろうか。。
などと考えながら視聴。
まぁ内容的には予想通りでした。

「サカサマのパテマ」
「イブの時間」に続くスタジオ六花の2013年公開劇場アニメ。
絵も綺麗だし世界観も壮大だけど
イマイチ世界観に乗り切れませんでした(^^ゞ
なんでアイガが独裁国家になってるのとか
結局どっちが上なのか分からなくなって。
すみません。


それにしても最近はひとり親設定の主人公、なんか多いですね~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック