訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
ジャングルブック(例によって長い)
2016年09月01日 (木) | 編集 |
実写版、ディズニー映画の「ジャングルブック」
吹き替え版で見て来ました。
感想を書く前に、私の思い入れを・・・(^^ゞ

子ども時代の私は手塚治虫と彼の描く動物とロボットが好きで
中でも私の成分は「ジャングル大帝」で出来ている、
と言えるほどこのアニメが好きでした。
動物が主人公で、しかもミュージカル仕立て!
斬新でした。
そのあとに見たディズニーアニメの「ジャングルブック」も
大好きで、当時買ってもらった絵本を何度も読んだものです。
それから原作(15種類以上の翻訳が出ていますが、たぶん
読んだのは西村 孝次さん訳)を何度も読んで
ますます好きになりました。
94年の映画も見ましたが、あれは人間社会に戻った後の
話だったので、面白かったけど、ちょっと違った。
残念ながら当時の作品群は差別表現に甘かったので
昨今は手に入りにくく、知っている人も少なかったのですが
このたびまさかの実写化!
ずっと楽しみにしていました。

見た感想。
素晴らしかった!
あぁ、やっぱり私は動物が好きだ!
と再認識しました。

一時は、人間より動物が好きと公言し
ドリトル先生w、むつごろうさん、竹田津先生に傾倒し
学校帰りに頻繁に動物園に通った第1期。
本能に従ってしばらく俗世にまみれたあと(笑)
また動物の絵を描きだし動物園に通い、
HP作って作品を売ったり、展示会で動物写真愛好家の
友人が出来たりした第2期。
それからしばらく仕事に没頭して
動物たちの写真やぬいぐるみが
いつも側にいることを
ちょっと忘れかけていました(^^ゞ

そんな動物好きの血を沸騰させる、しかし本物の動物は
全く出て来ないという驚異の映画の感想です。
(プロローグが長い!)

若干のネタバレ含みます。


ストーリーは、ディズニーアニメとほぼ同じ、
エンディングはちょっと違います。
2時間があっという間。
緩急があり、楽しいところ、感動するところ、
ハラハラするところ、アクション、歌、と
全く飽きさせない作り。
あちこちの布石をきちんと回収して納得。
子どもでも大人でも楽しめそうです。
私は個人的に、母オオカミに感情移入したのと
あまりに美しい動物とジャングルに
序盤からウルウルしっぱなしでした(^^ゞ

キャラクター。
アニメに出て来なかった母オオカミが重要な役だったり
アニメのモブキャラは変わってましたね。
そして・・・黒豹バギーラ、ステキでした♡
クールでカッコいい。彼に「頑張ったな」と褒められたい~
母狼ラクシャの毛並みのもふもふ感もステキでした。
虎シアカーンは悪役と言うことで、あまり美しくなかったです。
今回は悪に徹してもらいました(私の中でw)
「わんわん忠臣蔵」以来の悪のトラです。
声が伊勢谷くんだったの、後で知りました。
キングルイは・・・
大きすぎる(笑) 
オランウータンでなく、絶滅したギガントピテクスという設定。
キングコングへのオマージュかな。

歌は3曲。熊と猿と蛇です。
アニメ版のリメイク。
もう少し歌があれば嬉しかったけど。
(ゾウとハゲタカはなかった)
キングルイ役の人は、ディズニーアニメでも同役をしていた
石原慎一さん!戦隊ソングシンガーでもあります。
上手かった。映画の後、脳内ヘビロでした。
バルー役の西田敏行さんは西田色が強かった。
カーはなんと朴路美さん!でも出番はちょっとで残念。

当時は知らなかったけど、バルーの歌う
「ベアネセシティ」
Bear(熊)とBare(必要最小限の)をかけてるんだ!

番宣たくさんしてるのでご存知の方は多いでしょうが
この映画、主人公の少年以外、全てCGだそう。
動物はもちろん、背景のジャングルも全て!
すごいです。
全く本物にしか思えません!
繰り返します、
全く本物に見えます。

オープニングの、シンデレラ城からの入り方もいいし
エンディングの、ジャングル「ブック」的演出がとてもいい。
本編終わったからと席を立つな!

ネタバレ注意。
アニメ版と違うところ。


ラクシャの存在(共感)
オオカミの掟(感動)
アキーラの死に方(原作とも違う。衝撃)
ゾウが喋らない(別格だから)
蛇のカーが女性(違和感、でも合ってた)
エンディング(まぁ、ね)

3Dや4DXだとまた違うのでしょうね。
酔うの怖いので普通ので見ましたが、DVDでなく
大きいスクリーンは推奨です。

あぁ、やっぱり字幕版も見たいなぁ・・・
行こうかなぁ・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック