訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八咫烏シリーズ新刊
2016年10月02日 (日) | 編集 |
ブログ書くのも久々だし、読書感想文も久々です。
つぶやきばっか(^^ゞ
繁忙期の夏が終わって、また読書の日々が戻ってきました。
ここんとこ、実は、今更ですが・・・
図書館シリーズ読んでます。
有川さんの。
これ以外全部読んだのに、このシリーズだけ後回しだったので。
これは全部読んだら感想上げます。
本日は八咫烏シリーズ。

「玉依姫」 阿部智里
すっかり人気となったらしい八咫烏シリーズ。
5作目となる本作は、山内が出てこない、
しかも人間の女子が主人公でした!
奈月彦(若宮)は出てくるけど脇役で、
山神と猿と烏の関係性が明かされます。
作者インタビューによると、シリーズの原型として最初に
思いついていた話だとか。
これまでの八咫烏シリーズに比べると
ちょっとキャラが物足りないところもありますが
謎解きの巻として、そして次回に向けて、必要だなあと。
一気に3時間くらいで読了して再読しました。
やはり面白い。
先述の作者インタビューによると、作者は「守り人」シリーズや
「勾玉」シリーズを読んでたという・・・すてき!
やっぱ和風ファンタジーはいいなぁ。

今回は私のだいっ嫌いな、「美女と野獣の村人」のような
愚衆もキーとなります。
やっぱ一番醜いのは猿でも切れた神でもなく人間・・・

さて、1年1冊ペース刊行のこのシリーズも来年で第1部完となるらしい。
今から楽しみだなぁ!!

出来れば、奈月彦が人間界に行っていた頃の
スピンオフを読みたいものです。




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。