訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
12~1月の読んだ見た
2017年01月03日 (火) | 編集 |
11月~12月の間に読んだのは2冊のみ。
「何様」 朝井リョウ 
「何者」のスピンオフだけど、前作読んでなくてもOK,
って言うか別物。
刺さる人には刺さるけど、私にはあまり響かなかった。
残念。
でもリョウくんは応援し続けます。

「神様の御用人」6 浅葉なつ
楽しみにしてるシリーズ、今回は東京や九州と
範囲が広がりましたね。
穂乃香ちゃんのお兄さん登場したり
ちょっと話のスケールが大きくなってきたり。
いつも表紙の絵が素敵で
ほのぼのしたり心が温かくなったりする。
売れてるようで良かったです。
次も楽しみです。

年末年始に見たDVDとか。
「シレンとラギ」
劇団☆新感線の2012年の舞台の映像化、ゲキシネです。
10月に録画してたやつ、ようやく見れました。
3時間あるのと内容が重いので気軽に見れなくて。
でも藤原竜也はやっぱりすごい。
話はシェークスピアばりの悲劇で辛いけど
最後まで一気に魅せてくれます。
古田さんが珍しく悪役でした。
2月にあちこちの映画館でも上映されるようですね。
壮大な悲劇好きとか、藤原君ファンならぜひ。

「TOO YOUNG TO DIE」
これは文句なしに面白かった!
クドカン節炸裂。
「手はジミヘンとカート・コバーン、下半身はマイケル・ジャクソン、声は忌野清志郎」
な鬼を演じるのは長瀬智也。
ひたすら好きな女子に会いたくて頑張るのが神木隆之介君。
ゲストミュージシャンや俳優が豪華で
若い人より中年くらいの方がネタに笑えますよ~

で、これが好きな人は前述のゲキシネの
「メタルマクベス」を見るといいよ。
逆もあり。

「KINGSGLAIVE FINALFANTASY ⅩⅤ」
FF15の素晴らしいトレイラーを見て、めっちゃやりたいけど
もうゲームする時間も体力もない私にぴったり(笑)
ゲームと同じ世界、時間、キャラクターで作られた
劇場版CG映像作品。
ゲームは王子側からだけど、これは王とヒロイン側を
描いています。
美しい映像です。ストーリーもなかなか。
綾野剛、忽那汐里、山寺宏一などが声を当てています。
FF小ネタもはさんであるけど(チョコボの肉とか)、
もう少しFFっぽい音楽とかあれば良かったかなぁ。
でもFF関係なくても壮大でアクションシーンも見応えありました。

ちなみにFF15サイトでは王子側別視点のアニメ版も
見られます。あとはゲームのイベント部分をまとめてくれれば・・(^^ゞ

「スノーホワイト・氷の王国」
えっとちょっとよくわからない映画でした。
女王はキレイだったけど・・・

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック