訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月の読んだ「i(アイ)」
2017年04月09日 (日) | 編集 |
西加奈子さんの新作「i」読みました。
今回も段ボールのようなものに描かれた本人のイラストの
デザインです。
読み始めると、止まらない。
どうなるんだろう、に引っ張られ、一気に読了。
面白い・・ではなく、感動・・ともちと違うけど
心に深く残る小説でした。

一言でいうと、
シリア生まれの主人公が、アメリカ人と日本人夫婦の養女になり、
ず~~~~~っと、レゾンデートルを探し続けるストーリー。
題名の「i」は主人公の名前アイであり、愛であり、虚数i も重要な
モチーフになっています。
自分だけが幸せでいいのかと悩み、
世界中の悲劇(911や311やいろいろ)に心を痛め、
不器用に成長していく姿が描かれています。

でも、彼女、裕福で高い教育も受けているんですよ。
心から信じられる親友も、愛するパートナーも、優しい両親もいる。
なんでそんなに悩む?と思う反面、
人の悩みの深さや理由なんて他人が分かるものではないし
ハラハラしながら見守った感じです。

小説に描かれる世界中の色んな悲劇、私は半分くらいしか知らなかった。
そんなの気にしてたらやってけないと思う反面、
改めてもっと世界の事を知った方がいいのかなぁ・・・とも。
奇しくも、この本を読み終わった日に
シリアに化学兵器が撒かれ、報復にアメリカが爆撃するというニュースを聞き、
この本を読んでなかったら、シリアがどこかさえ知らなかっただろうな、と反省しました。

日々の生活に追われるだけだったり
レゾンデートルなんて考えたこともない人には
ちょっとおススメ出来ませんが、
心に余裕がある人は、彼女と一緒に世界における自分の存在を
考えてみてもいいかも(^^ゞ

因みに私はアイの親友、ミナが好きかな。
それと、悪意を持つ人物が一人も出て来なかったのが良かった。
最近、人間の悪意がとても苦手です。
イヤミスとか絶対読めない・・・


コメント
この記事へのコメント
読書家のあなた、読まれたのですね。
この本は私の読みたい本のなかにアップされています。
お気に入り、読みたい本を記録しています。
気になる一冊です。
2017/04/12(水) 10:56:04 | URL | アコ #HfMzn2gY[ 編集]
Re: アコさま
返信遅くなってすみません。
嫌な悪い人が出て来ない読後感の良い長編でした。
ぜひ。
2017/05/02(火) 18:59:28 | URL | どろしー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。