訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
髑髏城の七人(新感線)とアラジン(四季)
2017年05月11日 (木) | 編集 |
「髑髏城の七人・花」
劇団新感線の代表作、アカ、アオ、ワカに続いて4作目、花バージョンを見て来ました。
ワカに続いて2回目の小栗旬主演バージョン。
ストーリーは変わらなくても演者でこんなに変わるんですね~
なんにしてもおぐりんはカッコよすぎる・・・
そしてひたすら楽しい古田新太。
クールな山本耕史、頑張る青木崇高。
特に第2幕からの盛り上がり!
劇団色は少し控えめでしたが、素晴らしかったです。

特筆すべきは2つ。
私の新感線観劇史上、最前、7列目で見れたこと!
すぐそこで俳優の皆さんが!!
もう一つは、わざわざ東京へ行く価値がある、ステージアラウンド。
世界で2つ目の、客席が動く劇場です。
360度の舞台にセットを組んであり、客席が動いてスクリーンが開いた場面が見れます。
スクリーンの映像と相まって、映画を見ているような場面転換に。
まぁ、前から場面転換は工夫されていたのでそんなに違和感はなかったけど、
川が流れ、小雨降るセットはここならでは。
関東平野の広がりと、川に入りながらの殺陣の臨場感!
さらに、エンディングシーンが一番、回る客席の醍醐味でした!

チケット発売即完売、初のライビュも大阪は発売即完売だったので
なかなかプレミアチケットですが
機会があればぜひ、いのうえ歌舞伎と動く客席とおぐりんをお楽しみください。
ちなみに、花バージョンが終われば、鳥、風、月、と演者と演出を変えて続きます。
鳥バージョンはライビュで見たいなぁ~
IMG_2255.jpg

「アラジン」
昨年に続き2回目。これも1年半前にチケットゲットしたかなり良席での観劇。
ジーニーとジャスミン役以外は昨年と変わっていたけど
実のところ阿久津ジーニーが素晴らしすぎて、他は変わっても分かりませんでした(^^ゞ
特に第1幕のジーニー登場と、第2幕最初の王子パレードの素晴らしさ!は
豪華で楽しくて、これぞミュージカル!!
セリフに「やっぱりハッピーエンドでないと」とあるけど
まさにそう。
最近個人的にバッドエンドは見れなくなってきました。
楽しくて豪華で見た後ハッピーになれるのがいいね~
IMG_2315.jpg

GW前に見た「美女と野獣」と合わせて、映画演劇を堪能しました。
これからしばらくは我慢します・・・(;´・ω・)





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック