FC2ブログ
訪問ありがとうございます。画像はクリックするともう少し大きくなります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2017秋の読んだ
2017年09月24日 (日) | 編集 |
「風と共にゆとりぬ」朝井リョウ

「時をかけるゆとり」(原題:学生時代にやらなくてもいい20のこと)の
5年ぶりの続編エッセー集です。
もうものすごくばかばかしくて笑えます。
パワーアップしてます。
前作は大学時代のバカ話でしたが、今回はサラリーマンを経て
専業作家になってからの、笑える話です。
そんなに自虐しなくても、と心配になるほどの服装へのこだわり、
そんなに大変なの?と心配になるほどの体調(主にお腹)のこと、
それでもバレーしたり踊ったり明るく元気だから
心配なく笑えます(笑)
外で読むと思わず吹き出すから要注意です。
読後の感想は・・・うん、リョウくん頑張れ!でした(笑)

「弥栄の烏」阿部智里

最年少(大学生)で松本清張賞を受賞したデビュー作
『烏に単(ひとえ)は似合わない』から5年。
累計80万部を突破した「八咫烏シリーズ」がとうとう第1部完結。
人間の姿に変身することが出来る八咫烏の一族が、
異世界・山内(やまうち)を縦横無尽に飛びまわる、和風ファンタジー。
毎年一冊、図書館で借りながらストーリー展開を楽しみにしてきましたが
これ(6巻目)で第1部が完結とのこと。
4巻までは文庫本が出ているので大人買いしようかなぁ。
ファンタジー好きには超おススメです。
1巻は源氏物語好きにもおススメ。プラスちょっとミステリーで
どんでん返しのエンディングからの、
2巻はその世界の大きなファンタジーにつながり、
今作は、前作「玉依姫」のアナザーサイドからの
あっと驚くエンディングへ。
第2部では人間界ももっと出てくるのかな。
世代交代するのかな。
楽しみが尽きません。
作者はまだ院生らしいけど、年1と言わずもっと読みたいです(;^_^

さっきググってたら、今作の表紙絵についての作者の意図を発見して
ちょっとびっくり。そうだったのか。

「蜂蜜と遠雷」恩田陸
直木賞と本屋大賞W受賞作なので、予約からかなり待ってようやく読了。
500P超えの2段組でしたが、すんなり読めました。
全編ピアノコンクールの話で、その音を文章で表せるこの技量は
さすが恩田女史。
クラシックは門外漢なので、YouTubeでアップされている
該当のピアノ曲を聴いてもさっぱり・・・でしたが
文章だと音楽が聴こえ感動しました。
目次に各コンテスタントの課題曲がアップされていて
これじゃあ誰が決勝に行くか分かっちゃうやん・・・と思った私は
浅はかでした。
そうですよね、例え予選落ちしても、決勝までの曲を提出して練習しなくては
いけないのですよね。
あと
ピアノに関しては素人だけど、
試験に向かって日々努力したり上がったり落ち込んだりする気持ちは
すごく分かるし、
特に今の私は決勝前の心理状態に同調してしまいました。
それにしても芸術に点を付けるのは大変だ・・・
その点、学力テストははっきりしてるよな。

音楽に関わる人にも関わらない人にもおススメ、
ちょっと長いけど。
のだめをまた読みたくなった(あれ?w)

「みかづき」森絵都
2017年の本屋大賞で上の「蜂蜜と遠雷」に続く2位、
塾の話だと聞いたので読んでみました。
昭和36年、塾の黎明期から話は始まります。
読みながら、あぁそう言えば塾が目の敵にされた時代も
あったなぁ、と思い出しました。
語り手、目線が途中から変わって主人公だと思ってた人が
いなくなって、でもまた戻ってきて・・・という構成が少し私には不満。
娘たち、特に長女は良かったけど、それ以外の登場人物に
感情移入が出来ず、魅力的でなかったことが残念かな。
もちろん、あくまで私個人の感想ですが。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック