FC2ブログ
訪問ありがとうございます。画像はクリックするともう少し大きくなります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
瀬戸内国際芸術祭2019春~まとめ
2019年05月16日 (木) | 編集 |
3年ぶり2回目の瀬戸内国際芸術祭
(前回のレポートはこちら→「瀬戸内国際芸術祭2016」)
最後に時間と費用などの計画をまとめてみました。

今回は前回よりもリーズナブルなプランを発見して
行き:大阪より高速バス、帰り:小豆島よりフェリーで神戸、をチョイス。
これに女木島男木島周遊が付いてなんと2人で9000円!
「関西発 男木島女木島れんらく周遊きっぷ」
→「フットバス

・・・のはずが、高松で周遊券を買うにはバスターミナルなのに
フェリーのチケット売り場に並んでしまい、戻る時間がなくて買えず、
祝日料金でジャンボフェリーはプラス500円とかで少しオーバーしました。
また、小豆島以外に豊島に行きたかったので別でフェリー代が発生し
結局2人で17000円くらいになりました(それでも新幹線プランよりは断然安い)

大阪7時半発、高松着いてうどん、夕食の買い物(道中が少し混んでいてスーパーマーケットに
行く時間がなくコンビニ)、12時20分の女木島行き「めおん」(フェリー)で女木島へ。
女木島で宿泊施設にチェックイン、荷物と夕食を預けて女木島芸術祭周り、
14時40分めおんで男木島。1時間半で時間切れ、女木島へ帰ります。

(各島の事は別記事で)
瀬戸内国際芸術祭2019春~女木島
瀬戸内国際芸術祭2019春~男木島

今回の宿泊は半年くらい前にネットで発見して「ここ、泊まりたい!!」って思った
女木島ビーチアパートHP

こちらも別記事で。
女木島ビーチアパート

翌朝はゆっくりめ、9時20分のめおんで高松へ。
そこから高速艇で豊島へ向かいます。
ここでは目的があったのですが、案外早く終わったので
予定より1本早い12時10分のフェリーで小豆島へ。
このフェリーは空いてて広くて一番良かった。
小豆島で予定を終えたら・・・
ここから予定外だったのでわたわた。
しかしどこに行くにもバスがない。
無駄に歩いて体力を消耗して、結局バスを待って
前に行ったオリーブ公園に行って
またバスを待って坂手港でまた待って・・・
やはり予定外だとうまくいかないですね、足がないと。

記事はこちら
瀬戸内国際芸術祭2019春~豊島・小豆島

坂手から神戸港へは初のジャンボフェリー。
4階建てプラス展望デッキ、ゲームコーナー、色んな食べ物がある売店、
女性専用室・・・と、楽しみだったのですが
混みすぎてて結局地べたに座っての4時間(予定より遅れた)
船からの夕陽を見たり、明石大橋の真下を見たりとそれなりに
楽しんだけど、思ったのとちょっと違ったかな(^^ゞ
そんなこんなで帰ったのは23時。
2日間で34000歩は元気だったNY以下だけど、
今では予想以上にちょっと疲れました。

今回は目的があって豊島に寄りましたが
豊島への高速艇は高いので、高松から小豆島、そして神戸が
いいルートだと思います。
フェリーを使わないなら
高松から豊島や直島へ向かって新幹線で帰ると
もっとスムーズかも。
まずは「瀬戸内国際芸術祭公式サイト」で
計画を。アクセスも分かりやすく纏められています。
アプリもあります。

瀬戸内国際芸術祭まとめ
4回目でどんどん人気になって来たので、
3年前はお盆、今回はGWに行ったけど、出来ればそれ以外の期間がいいですね。
一番有名な直島はとにかく混んでいて移動も大変なので
芸術祭期間以外をおススメします。期間外でもアートは見れます。
小豆島は足を考えるのが大事ですね、広すぎて作品が散らばってるので。
各アートを回るバスとかあればいいのに。
豊島も電動自転車を借りたらたくさん回れそうです。
歩いて回れるのは、犬島、女木島、男木島。おススメです。
まずは船とバスの予定を立てるのが大事です。
特に都会生活や車に慣れてる人は、不便も楽しむくらいの気持ちで。
でも
四国はお接待文化があるので、皆さんが親切です。
海と山と人とアートを、余裕を持って楽しんでください。
現代アートは分からないっていう人がいるけど
アートって分かるとか分からないじゃないので
なにこれ、楽しい~って感じで楽しんで欲しいです。

いやぁ、本当に瀬戸内はステキ。
それに楽しいアートが合わさって最&高!
ずっと波の音と、うぐいすとトンビの鳴き声が聞こえていました。

3シーズンのパスポートを買ったので、夏は無理でも秋には
今度は西の島々に行ってみようかと考えています。
私のプランや感想が誰かの役に立ちますように。
それでは、長いブログにお付き合いいただきありがとうございました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック