FC2ブログ
訪問ありがとうございます。画像はクリックするともう少し大きくなります。
瀬戸内国際芸術祭2019~女木島
2019年05月14日 (火) | 編集 |
2019年の瀬戸内国際芸術祭、
まずは2回目の女木島から。
女木島は鬼ヶ島とも言われています。
高松港でフェリーのチケットが長蛇の列で
ちょっとビビったけど、無事「めおん」で15分で到着。

20190512152348717.jpeg
左の2つは高松駅と高松港にあります。
右はフェリー「めおん」

前回は「鬼の洞窟」に行ったので
今回はビーチ周辺を散策。

2019051215242067c.jpeg
女木港にある鬼のオブジェ、神社、
サクランボが鈴なりの桜。

20190512152349b7b.jpeg

有名な「カモメの駐車場」
「20世紀の回想」(ピアノ)
近くに寄るとピアノの音が聴こえるの、知らなかった!
港近くには石垣の家が並んでいて
これは冬のものすごい風を防ぐ「オーテ」と呼ばれるもの。
冬は避けます(^^ゞ

20190512152346921.jpeg
すごくいい天気・・・

少し歩いて「BONSAI」
2019051215234554f.jpeg
ここイチオシです。
100円で自分の木札が置けるので
ここに行った人は私の名前を探してみて(^_-)-☆

20190512152318696.jpeg
左上:行ってみないと分からない「不在の存在」という作品。
これは古民家を改造したもの。

右上:このコインランドリーで回っているのは映像ですw
左下:こころのマッサージサロンって作品。う~ん。
右下:台が木琴?になってる卓球台。卓球できます。
これらは「島の中の小さなお店プロジェクト」
新作。
昔旅館だった建物が縁日みたいな集会所みたいな感じになっていて
他にも色んなイベントなどが行われていました。

201905121523145c9.jpeg

20190512152315410.jpeg
「女根/めこん」は元学校


20190512152316a40.jpeg
「女木島名画座」は元映画館

昔は2千人くらいだった島民も今は200人以下らしいですが
春の桜、夏の海水浴期間は高松から多くの人が、
そして前回の芸術祭期間は5万人の人が訪れたらしいです。
今度は空いている時にも訪れてみたいな。

フェリーまでまだ時間があったので
反対方向にある「家船」も見れました。
201905121523513fc.jpeg

2時間あれば洞窟以外は回れます。
予定消化!と満足して、男木島へ。

男木島から帰ってきてから、少し山に上って
「段々の風」
港や女根もよく見えました。
(他の作品は16時半で終了ですが、これは屋外作品なので
いつでも見られるため、後にしました)
20190512152417956.jpeg

この日は女木島に宿泊。
(記事「女木島ビーチアパート」)

翌朝、チェックアウト後フェリーまでぶらぶらしてたら
あれ??行ってない?って作品を発見!
港に一番近いのに見逃してました。
「MEGI HOUSE」
201905121524181d7.jpeg
愛知芸大の人たちが色んな作品を展示しているようで
この時は色んな動物たちがいて、楽しかった!好き!

これで女木島コンプ!
次は男木島です。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック