FC2ブログ
訪問ありがとうございます。画像はクリックするともう少し大きくなります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
瀬戸内国際芸術祭2019~豊島・小豆島
2019年05月16日 (木) | 編集 |
芸術祭2日目。
泊まった女木島から高松港に戻り
高速艇で豊島(てしま)の唐櫃(からと)港へ。
3年前に家浦港周辺や有名な「豊島美術館」は行っていたので
今回の目的は一つだけ。
前回見損なって、その後自分が狭心症になってますます行きたくなった
クリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」
世界中の様々な人の心臓音がコレクションされている作品に
私の心臓音も止まる前に加えたいと思って(^^ゞ
20190512152544e07.jpeg

1500円で誰でも参加出来ます。
私の番号は34071です。
約10年で3万人以上の心臓音が集まったのですね。
作品自体は誰かの心臓音を爆音で聞くだけで
先日の大阪での展示会の方が衝撃的でしたが
(記事「クリスチャン・ボルタンスキー展」)
もし行かれた際はこの番号を入れると私の心臓音も聞けますよ(笑)
CDも貰ったのでうちでも聞けますけどね。

ロケーションも素晴らしかったです。
今はスマホの待ち受けを「私の心臓音が納められた場所のビーチ」にしてます(笑)
唐櫃港周辺はGWでも人が少なくのんびりと美しい景色を楽しめました。
20190516104255ab5.jpeg
「勝者はいない」と言う作品

20190512152546201.jpeg

因みに、初豊島なら、豊島美術館や家浦港周辺、唐櫃岡がおススメです。
豊島美術館はいわゆる美術館と違って、ここでしか出来ない体験が出来ます。
島の中はレンタル電動自転車か、バスで回れます。
硯と甲生地区には今回も行けなかったのでまた再訪するかも。

2019051215270449e.jpeg
予定より早くミッションが終わったので港近くで休憩。
サザエでかいっ!!うまっ!
小豆島そうめんもごちそうさまでした。

201905121527059f5.jpeg
海にはクラゲがいっぱい(^^ゞ
次はフェリーで小豆島へ。
岡山の宇野港から、豊島の家浦港に行くフェリーが、
そこから唐櫃港、そして30分で小豆島の土庄へ向かいます。
いいフェリーでした(^▽^)

土庄港では前に見た「太陽の贈り物」を横目に
かどやのごま油の香りをかぎながら・・・

201905121527079ab.jpeg
左上:コシノジュンコさんの作品。階段を上って顔を出すと
ドレスみたいに見えるやつ。
右上:ギネス認定の世界一狭い海峡だってw

小豆島での目的は前回行けなかった「迷路のまち」
港からバスですぐ(でもバスは満杯)

201905121527089a1.jpeg
「迷路のまち~変幻自在の路地空間~」
ここ、楽しかった!!
古民家を芸術だか子どもの遊び場だかにしていて
童心に戻って・・・いや、私はいつも童心かw・・・遊びました。

20190512152710998.jpeg
「つぎつぎきんつぎ」
お皿などの陶磁器を金つぎでつないだ作品。
下はエンジェルロードかなぁと思ったけど違う島(^^ゞ

さて、これで2時前には予定を消化したものの、
夕方5時45分のフェリーまで時間が・・・
小豆島の作品は前回、醤の郷周辺しか見てないけど
足がないとどこも行きにくい。
連れが「オリーブ公園ってどう?」と言うので、
フェリー港への途中でもあるしそこを再訪しようとしたものの
バスがない。
もうタクシーでもと思ってもタクシーも走ってない。
日本にはUberもない(^^ゞ
もういいや、1本早いフェリーに乗ろうか、となっても
バスがない、タクシーが(以下略)
この島に関しては、いくつかの作品を回る周遊バスや観光ツアーを作る必要があるね。
3年後には一考をお願いします。

20190512152639b90.jpeg
というわけで結局バスをひたすら待ってオリーブ公園。
日曜日の家族連れでにぎわってます。
疲れたのでまた休憩。

2019051215264189e.jpeg
小豆島のオリーブを使ったイタリアン、超美味で一気に元気回復!
下は、実写版「魔女の宅急便」でコリコのパン屋のロケした建物。
今はハーブとか売ってるお店です。

オリーブの商品をいくつか買って・・・
またバス待ち。そしてやっと来たバスは満杯。
ぎゅうぎゅうで坂手港へ。

20190512152642a5e.jpeg
坂手港には、茨木市出身アーティスト、ヤノベケンジの作品があります。
フェリー待合室の壁画
くるくる回っている「スターアンガー」
乗ったジャンボフェリーの展望デッキにも「トらやん」!

2019051215264417f.jpeg

沈む夕日を見ながら小豆島にお別れ。
フェリーの中も大賑わいで
避難民のように床に座って時間つぶしたり
外を眺めたり・・・

20190512152645a69.jpeg
明石大橋の下をくぐる時はちょっとテンション上がりました。
夜9時過ぎ、ようやく神戸港に入港。
シャトルバスで三宮に向かい、ようやくうちへ。
さすがに疲れました。
でもいい天気に恵まれ、予定を全て消化できて良かったです。

長い芸術祭レポ、次はまとめです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック