FC2ブログ
訪問ありがとうございます。画像はクリックするともう少し大きくなります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
呉観光
2019年05月26日 (日) | 編集 |
広島旅行2日目、市内へは行く気がないので
家人が興味ある海上自衛隊のある呉へ。
因みに、広島駅からは快速で30分ほどでしたが
電車内にほとんど自社(JR)広告しかなくて
ふだん乗ってる路線ってやっぱり都会なんだなぁと実感(^^ゞ

呉駅に着いてまずは「てつのくじら館」へ。
駅からは連絡通路があって迷うことなく目的地へ。
12年前にそれまで使っていた潜水艦を整備して
港からここに運んでオープンしたそうです。
日本で唯一実物の潜水艦の展示、一部内部公開しているらしいです。
さらになんと入場無料!

201905211951076b8.jpeg

実を言うと、アメリカでもっとすごいのを見て来ちゃったので
潜水艦自体はそんなに感動しなかったのですが(^^ゞ
「掃海」について私は何も知らなかったのですごく勉強になりました。
原爆ドームに行って終わった悲劇を見るのも必要かもしれないけど
そのあと現状を復帰しようと苦労したことも知らせたいですよね。
地雷除去の話は教科書にあったけど
機雷の撤去は知らなかった。ありがとうございます。

個人収集だと言う、各国のピンズとか興味深かったし
部隊毎に違う帽子のデザインもカッコいい。
ショップには色んなお土産もあって、
そして館内に入った時からその香りで私の昼食の選択肢を奪った(笑)
海自カレー。
艦によってレシピが違うようで、ここのははっきり言うと
「映え」メインでしたが(^^ゞ
ごちそうさまでした。

20190521195204888.jpeg

さて、日曜には事前申込制で海上自衛隊呉地方隊での
艦艇見学が行われているのですがこの日はなかったので、
代わりに海から見学する「呉艦艇めぐり」へ。

20190521195205844.jpeg
海上自衛隊自衛官OBによる案内を聞きながらの、
30分の軍港クルージングです。

201905211952073d9.jpeg
護衛艦など自衛隊の船だけでなく
戦艦大和を作った工場や現在作っているタンカーなども
間近で見られます(船はちょっと揺れます、弱い人注意)

20190521195209b73.jpeg
潜水艦はなかなか見る機会がないのでワクワクしますね。
ハッチは緑のカバーで覆われていて
詳しい人が見ても性能や規模が分からないようになっているそうです。
ちゃんと機密を守りながらPRもしてるんですね!
甲板には練習生の姿も見えます。
(クルーズを待っている時にセーラー服の初々しい水兵さんたちも見ました!)

さて、船を降りたら目の前が「大和ミュージアム」です。

201905211952105b5.jpeg
中には10分の一の戦艦大和レプリカが。
全長26.3メートルあります。
他には実物の悲しい兵器「回天」や魚雷、
零戦なども。
上に上がると、船を作る仕組みの展示。
子どもたちが楽しめる展示や体験がたくさん。
最後のシアターでは海に沈んだ大和の調査映像が流れていました。

個人的には有料のここより、無料なのに素晴らしかった「てつのくじら」の方が良かったけど
個人の興味とか年齢によりますよね。


と言うわけで、初の呉港観光でした。

最初にも言ったけどNYのイントレピッド海上航空宇宙博物館に比べると
姫路城と大阪城くらい差があって
まぁよくもこんなに差があって勝てると思ったなぁ、無知って怖いってのが
素直な感想ですが
これからも平和の維持のために日本の自衛隊には頑張っていただきたいです。
終わり。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック