FC2ブログ
訪問ありがとうございます。画像はクリックするともう少し大きくなります。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
シュガーラッシュオンライン
2019年08月15日 (木) | 編集 |
2018年のディズニー映画「シュガーラッシュオンライン」やっと見ました。
いやぁ、良かった!
2012年の「シュガーラッシュ」の続編ですが、
そもそもこれ、原題は「Wreck-It Ralph」(壊し屋ラルフ)で
今回のは「Ralph Breaks the Internet」(ラルフがインターネットを壊す)です。
シュガーラッシュは1作目の舞台になるゲームの名前で
今作ではほとんど出て来ない。
テーマはラルフとヒロイン、ヴァネロペの友情なので
題名はちょっとずれました。

まぁ、この日本での名前問題は昔から洋楽、洋画でもずっとあって
1作目が流行ったらそれで推し続ける日本方式なので
仕方ないですね。
(例えばキッスは何を出しても「地獄の」が付き、Sセガールの映画には
何にでも「沈黙の」が付くみたいな)

因みにディズニー作品で題名が全然違うものとしては
「アナと雪の女王」=Frozen
「塔の上のラプンツェル」=Tangled
ピクサーだと
「レミーのおいしいレストラン」=Ratatouille
「カールじいさんの空飛ぶ家」=Up
「メリダとおそろしの森」=Brave
などがあります。
子供向けに分かりやすくしている工夫はいいんですけどね。

話がそれました(^^ゞ

今作は主人公たちがネットゲームに行く、という点では
「オンライン」で合っています。
テーマは友情。
そしてディズニーファンには嬉しい、隠れキャラ、カメオ出演キャラが満載!
ブルーレイ特典の制作秘話では、ほぼ全てのシーンに
隠れキャラがいるそう。
そういう意味ではぜひ一時停止出来る媒体で見ると楽しいかも。
ディズニーキャラ以外も、GAFAやSNSの実際のサイトがたくさん実名で登場。
ツイッターバードが飛んでたり、ピンタレストのピンで戦ったり。
ウイルスが出た時はマカフィーに向かったり。
大人にもすごく楽しいですww

新キャラとして、シャンクという女性キャラがすごく魅力的。
彼女の活躍するゲームは「スローターレース」というのですが
カタカナだと、なんか、スローなイメージですよね。
Slaughter は「虐殺」ですからね、
シュガーラッシュのお子様向けゲームから、ネットのちょっと過激なゲームに
ヴァネロペの興味が向かった、って流れなんですよ。
カタカナでは伝わらない・・・

でも英語の言葉遊びやダジャレは
吹き替えでもうまく日本語のダジャレになってたみたいで
そこはさすが吹き替えのプロですね。

あと、ノウズモアという検索エンジンおじさんも好き。
前作のヴィラン、キャンディー大王の声の人とか。
こういうの、特典映像で分かるのでいいですね。


個人的に大好きなのは、ディズニープリンセスとの絡み。
(若干ネタバレあり)


予告でプリンセスが全員出るって聞いてたけど
ヴァネロペがプリンセスとして認められる3つの条件とか
プリンセスがヴァネロペの服に憧れてTシャツ着るとか
(逆にヴァネロペは最初「プリンセス、ださい~」って思ってた)
それぞれのプリンセスの武器とか
アリエルのあの歌とか
そして
ヴァネロペがついに歌うシーンとか
大好き。

Wikiによるとヴァネロペはディズニー初のユダヤ人プリンセスらしく
そもそも言動も等身もプリンセスらしくないんだけど
そこをうまく納得できるように作られていて、
メリダだけ違う言葉を話すネタ(彼女だけピクサーだから)とか
本当にディズニーファンのツボをついてます。

ヴァネロペの英語の声優は少し癖のあるタレントらしく
日本語の声優とは全然違います。
ちょっと「はすっぱ」というか・・・
でもカワイイ顔して実は冒険好きな彼女のキャラには合ってます。

そして、ラルフとの友情には泣けます。
ウッディとバズの友情より泣けました(^^ゞ
プリンスとの愛やキスではなく
友情がハッピーエンディングを導く流れは
2000年代になってずっとですね。
時代の流れですね。

予想以上に長い感想になりました(ライオンキングと比べてもw)
この後も
9月にディセンダント3、10月にマレフィセント2、
11月にアナ雪2、ターミネーター新作(ディズニーじゃないw)
あとムーランとか最近本当に映画を見る機会が多いです。
楽しみです!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック