FC2ブログ
訪問ありがとうございます。画像はクリックするともう少し大きくなります。
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン7
2021年02月28日 (日) | 編集 |
ついに大好きなワンス・アポン・ア・タイム
(アメリカのテレビドラマ、ディズニー)
全シーズンを見終わりました!
日本で見始めたのが2014?15?年くらい。
シーズン4まで見ててそれ以降の放送がなかったんだけど
2018年にアメリカに留学したとき、偶然テレビでシーズン7
(ファイナル)をやっているのを見つけて
最後の数話をリアタイで見られました。

その時のツイート
どろしーのアメリカ体験記 5/13

でもシーズン5.6と7の前半抜けてたから全然分からず。
でもでも全156話の最終回をアメリカでリアルに見られるなんて
僥倖でしかなかったです(T_T)
それが2018年5月18日。
その後Netflix(アメリカの。日本とは中身が違う)で
シーズン6やってるのを見つけて見て
e20のミュージカル回に超感動してDVDを買って帰国。
それから日本でシーズン5を見たのはいつだっけ?
Netflixだったっけ?
ちょっともう分からなくなってます(^^;
そしてついに2021年2月19日
アメリカから遅れること2年半、ようやく日本でもディズニープラスで配信!
見ていなかったシーズン7の前半と、見たけど分からなかった後半を
無事に見られました。
あ~生きてて良かった!!
前半見てなかったらそりゃ後半分からないわ、って話でした(笑)
ただでさえ、現代とおとぎの国のシーンが何回も入れ替わるし
名前が2つ以上あるので。

さて、ここからネタバレあります。
見てないけどネタバレ気にしない人、絶対見ないだろう人w、
もう見た人だけどうぞ。

まずは一番謎だったフック。
なんで子供がいるの?エマは?は
なんと別の世界のフックでした。
シーズン6でレジーナの願いで出来た国のフック。
ニューフック、略してニューク(笑)
子供の名前はアリス。
母親はラプンツェル・・・
に化けたゴーテル。
ラプンツェルはシンデレラの継母。
もう訳わからん(;'∀')
最後はルンペル、レジーナ、フック、ヘンリーが
2種類入り混じって混乱の極みでした。

ルンペルとレジーナは最後まで彼ららしかった。
この二人のために全てのお話はあったのかもしれない、
と思う。素晴らしかった。
この二人は特に幸せになってなって欲しかったので
満足の終わりでした。
まぁ最終回はちょっと無茶苦茶なとこはあるけど(^^;

そして呪いを解く「真実の愛のキス」があれだったのは良かった。
ヴィランは前半はシンデレラの継母、後半はファシリエ。
悪役らしい役割をよくこなしてました。

で、ここからちょっと個人的な好みの話なんだけど
アフリカ系のシンデレラとおっさんのヘンリーは受け入れがたかったです。。
最近ディズニーはダイバーシティかなんかでそういうキャスティングを
することが多くて、アリスがビアンなのはいいけどシンデレラの肌が・・・は
ちょっとなぁ。ティアナはそもそもブラックピープル設定だから全然いいんだけど。
白雪にもずっとアンチです、わたし。ファンの方すみません。
でも白雪がズートピアのジュディの声だったとはビックリ。

さて、一応すべては見終わったのですが
シーズン6は日本語字幕なしで見たので確認したいのと
シーズン7をもう一度見たい。
とにかく1回やそこらじゃ設定さえ理解し難い。
アメリカの 「OUAT wiki 」ってのはファンの人が作っていて
だいぶ参考に見ているけど、3000ページ以上あるんですよ。

まだまだOUATへの旅は終わらないですね。

あ・・・でもアベンジャーズシリーズの旅も途中だった(^^;
3月は楽しみに待っていた映画も公開されるし、
忙しい忙しい(笑)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック