訪問ありがとうございます。どうぞごゆっくり~
ファンタジーとSFと戦争
2007年06月18日 (月) | 編集 |
仕事再開してグダグダ言ってられなくなったら、眠気も減ってきました。
やっぱ怠け病だったか?(^^;) ご心配かけました(してない?)
はい、今週もガムバリます。がばしょ!w
まずは先週までに読んだ本、見た映画の報告。

ファンタジーの森」久々更新しました。
DVD
「エラゴン」☆☆
ドラゴンライダーを描いたファンタジー。
原作はめっちゃ分厚いのに、1時間半の映画にしたので、原作ファンには
不満、読んでない人にはよく分からない結果になってます。
「指輪物語」とどうしても比べてしまうし、RPGとしても消化不良でした。

「トゥモローワールド」☆☆
さすがイギリス映画。暗くて重い。子供が生まれなくなって世界が絶望に
襲われ、テロも横行する近未来を描くSF。テーマとしてはSF大賞を取った
新井素子の「チグリスとユーフラテス」でもありましたが、ありうる未来ですよね。
ここでは最後に希望があるものの・・人はバタバタ死ぬし、かなりヘビーです。
ただサントラにクラシックロックが使われてたのは良かった。
「クリムゾンキングの宮殿」「ルビーチューズデー」が印象的でした。

出口のない海」☆☆☆☆
「半落ち」「クライマーズハイ」の横山秀夫原作で、特攻魚雷・回天を描いた邦画。
主演・市川海老蔵。でも目当ては伊勢谷くん(*^_^*)。
柏原弟くんもいい役でした。泣いた・・
戦争中だけどこれでもかの戦闘シーンはなく、でも戦争のバカバカしさが
良く伝わるいい作品です。あんなもので戦おうとしたなんて、悪い冗談みたい。
私的には「YAMATO」より「硫黄島」より良かったです。
コメント
この記事へのコメント
v-22エラゴンとトゥモローワールド映画館で見ましたv-237

SFX好きなもので・・・・(*^_^*)

エラゴンは原作を読んでいませんが
とても良く出来ているという印象で
たのしめましたよ(~o~)
指輪物語は少し戦いが多いので(長いせいもありますけど)
映像を楽しむという私には重かったです。

トゥモローワールドはいけません。v-12
重すぎました。
人が死にすぎです。
最後は結局 良い方向に向かうのでしょうか?
自分で考えなさいっていうメッセージでしょうか???
2007/06/19(火) 00:54:49 | URL | ゆぅ~ #-[ 編集]
>ゆぅ~さま
おぉ、映画館で見られましたか!
トゥモロー・・映画館ではよりキツイですね。
エラゴンはね、原作が半端なく長いんです。
でも頑張って読んだんです。
それから映画見たから、粗筋か~と思いました。
ゆぅ~さんも是非、原作読んでみてください。(*^_^*)
2007/06/19(火) 13:03:01 | URL | どろしー #6QN8TXZI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック